2012年10月24日

相撲界も学ぶことが多い、吉田沙保里の国民栄誉賞授賞

レスリングで世界13連覇を達成し、あのカレリンを超えた吉田沙保里に国民栄誉賞が授与されることが、昨日正式に決まりました。

私も含めてですが、一般の相撲ファン、あるいはスポーツファンにとっては、彼女の試合はオリンピックと、後はスポーツニュースで結果を知る、という人が多いというのが実際のところでしょう。

それでも、彼女の存在感が、限りなく大きいというのは確か。

オリンピックが始まる。

期待した選手がことごとく金メダルを逃す。

そんなプレッシャーの中で彼女は勝ち続けてきた。

テレビのバラエティー番組でで見る彼女は明るく、「ここまでやるの?」と視聴者を驚かせるくらいのサービス精神を持って取り組んでくれますが、それも「レスリングの普及」という、大目標があるからなんでしょうね。

そういう意味では、毎場所きちんとテレビ中継される大相撲界は「恵まれて」いるんですよ。

相撲界の第一人者の横綱白鵬が「勝って当たり前という中で一位になり続けるのはすごい」と言ったのは、刮目すべきですよ。

胡座をかいていないか、相撲界は?

テレビ中継されて当たり前だと思っていないか?

白鵬が勝って当たり前だと思っていないか?

白鵬の「箴言」に耳を傾けるべきですよ、相撲界は。

4年に一度のテレビ中継で国民栄誉賞、片や、毎場所中継されても、注目すらされない大相撲。

吉田沙保里に学ぶところは多いですよ、相撲界は。

…相撲界への愚痴ばかりになりましたが、吉田沙保里選手、国民栄誉賞授賞、改めておめでとうございます!

心から拍手!です!
ラベル:吉田沙保里
posted by あらやまはじめ at 20:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村