2012年10月08日

日馬にとってはありがたいでしょう、曙からのエールは

私が今日購入した日刊スポーツの7面に気になる記事を見つけました。

「曙から日馬へ、相撲変えるな」

元横綱で、現役のプロレスラーでもある曙が、新横綱の日馬富士に「相撲はすぐには変えられないから、変えるな」とエールしたとのこと。

相撲協会内にいると(横綱審議委員会などがうるさいから)、言いたいことも言えないことが多い相撲界ですが、曙も、そして「兄貴分」の元朝青龍も、協会の外の人間。

日馬富士は、先輩には恵まれているんじゃないかなあ、そういう意味では。

問題になっている「張り手」についても、曙は「流れの中で出る分にはしょうがない」と、さすがは元横綱らしいコメント。

相撲は、やったことのない人にはわからないことが多い世界。

日馬は、横審の「横槍」には屈服せずに、聞くべきところだけは聞いて、今のままの相撲を取ってほしいね。

そうすれば、勝手に星はついてきますよ。
ラベル:日馬富士
posted by あらやまはじめ at 19:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村