2012年09月14日

【速報】日馬富士が引き技を見せた、だからなんだ?

また、ぞろ、横綱審議委員会(以下、横審)が日馬富士の相撲にケチを付け始めました。

「勝ってるが、引き技が多い」

と。

今日も豊真将を土俵際の引き技で破りましたが…。

今日、私の購入したデイリースポーツの相撲欄には、横審の様々な「意見」が載ってまして…。

やれ、「受け止めて勝たないと」だの、「大関3人が休場なら、優勝が絶対条件」だの、70代、80代のご老人が言いたい放題。

私は場所前から、「日馬富士にとって、今場所は綱取りではない」と何度も言ってきていますが、ちょっと日馬富士がかわいそうになってきましたよ。

実際に今日から琴欧洲が休場となりましたが、そしたら「全勝優勝でないと無理」とか言うのかねえ。

「今場所13勝以上の準優勝以上で、来場所綱取り」

これが、本来あるべき姿でしょう。

で、引き技にケチは付けるな。

相撲を取っていれば、引く場面は必ず出てくる。

頼むから、横審は廃止してくれないかなあ。

「老害」以外の何物でもありませんよ、あの暴走老人達は。
posted by あらやまはじめ at 18:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 横綱審議委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村