2012年05月21日

平成24年夏場所総括 - 旭天鵬が優勝した場所として語り継がれるだろう

昨日千秋楽の大相撲中継の視聴率
が出ました。

20.4%。

この数字をどうとらえるかは、
読者の皆様次第ですが、裏番組
に超長寿番組の「笑点」がある
ことを考えれば、大健闘で
しょう。

さて、場所後の恒例の「総括」
をします。

何と言っても、今場所は、
「旭天鵬が史上最高齢初優勝を
成し遂げた場所」として、相撲
史に語り継がれる場所となる
でしょう。

こういう場所は、私にもいくつか
記憶があります。

正確には覚えていませんが、
多賀竜が初優勝した場所とか、
昨日少し触れましたが、幕尻で
貴闘力が初優勝した場所とか
ね。

あと、何年、何十年か経った
ときに、「ああ、あの時、旭天鵬
が優勝したんだよな」と、いつ
までも記憶に残る場所になる
ことだけは間違いありません。

旭天鵬が初優勝を決定戦で飾り、
花道を帰るときに、お客さんと
ハイタッチをし、付き人の姿を見た
途端にタオルを手に持ち、号泣
したシーンを私は死ぬまで忘れない
でしょう。

なんかねえ、小錦が初優勝を
飾ったときのことを思い出し
ましたよ(あれも、20年以上
前のことだね)。

しかし、旭天鵬がまさかの優勝
を果たしたその裏には、相撲
協会が頭を抱える悩みがある
ことを、一方で我々は忘れて
はいけません。

最も私が落胆したのは、記憶
に新しい、昨日の琴欧洲の
千秋楽の休場です。

いや、普通の取り組みだったら
私も文句は言わない。師匠も
「取れる状態じゃない」と
言っているのだから。

ですが、相手は3敗で優勝争い
の筆頭に立つ、栃煌山ですよ。

八角親方(元横綱・北勝海)が
言っていましたが、「はって
でも出てほしかった」という
のは、全相撲ファンの気持ちを
代弁したコメントでした。

視聴率20.4%ですから、単純
計算で、2000万人は相撲中継
を見ていたことになりますが、
そのうち1900万人以上は
「なんで、琴欧洲は出ない?」
と憤ったことでしょう。

これだけの人口を敵に回した
という自覚があるのか、琴欧洲
は?

そして、相手の栃煌山も不戦勝
で、優勝決定戦に出たわけ
ですが、今日の日刊スポーツの
一面にも大きく出ていました
が、ブーイングの嵐になるのは
やむを得ない。

でもね、栃煌山は何も悪いこと
をしていないんですよ。

すべては琴欧洲の責任。

本当に、勘弁してほしい。

本場所で相撲を取らずに、決定
戦に出た栃煌山には忸怩たる
思いがどこかにあったでしょう。

彼の気持ちを考えれば、「オレ
が決定戦に出ていいのかな」と
いう気持ちがあったはず。

その思いが、決定戦の旭天鵬
戦に出ていたとすれば、今場所
最大の戦犯は琴欧洲ですよ。

これ以上書くと、私が何を書く
かわからなくなるのでもう書き
ませんが、琴欧洲はさっさと
引退、いや、廃業してほしい。

また、今場所の混乱を招いた
最大の誤算は横綱・白鵬の
不振だったわけですが、これ
は「不振」ではありません。

初日の安美錦戦で指を骨折
した。

白鵬が3連敗し4敗となった
9日目後に師匠の宮城野親方が
「横綱の骨折」を発表した
わけですが、これもどうか?

骨折しても優勝できると思っ
たのか?

長期間安定した成績を残して
きた横綱の3連敗は、大関陣
に大きな影響を与えたはず。

もっとも、それでポロポロと
負け続けた大関陣にも、問題
が大アリで、琴欧洲は論外と
しても、私は日馬富士にも
最近疑問を持つようになり
ました。

悪いが、昨日の白鵬戦は、
取組前に優勝のなくなった
白鵬の日馬富士に対する
「人情相撲」ですよ。

また、私が「今場所の優勝
の鍵を握る」と断言した、
把瑠都にも、千秋楽を除けば、
ことごとく裏切られました
ねえ。

「こうなれば、把瑠都の相撲」
という型を作らなければ、
横綱には永遠に届かないよ。

私が今場所全般を見ていて、
最も評価したい力士は、残念
ながら千秋楽に負け越して
しまった安美錦です。

なんとか、勝ち越してほし
かったが、新鋭の碧山に敗退。

ですが、これこそ、「八百長
相撲がなくなった」証左です
よ。

小結で7勝8敗ですから、
来場所も上位には残ります。

今場所以上に暴れて頂きたい
ものです。

幕内では、旭天鵬を除けば、
気になったのは妙義龍です
かね。

来場所は小結には上がると
思われますが、一言言いたい
のは「番付下の力士に負けるな」
ということ。

琴奨菊も稀勢の里もそれで
苦労した(いや、過去の何人の
大関、もしくは、大関候補も)。

境川部屋は稽古相手にも恵まれ
ています。

来場所、同部屋の豪栄道(私は
この力士は評価しませんが)と
共に、かき回してほしいね。

まあ、長くなりましたが、最後
に一言。

旭天鵬関、初優勝おめでとう
ございます!

posted by あらやまはじめ at 20:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭天鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村