2021年01月11日

【令和3年大相撲初場所・二日目速報!】貴景勝の連敗よりも、大栄翔の大関戦連勝を褒め称えようではありませんか!・・・照ノ富士を破った阿武咲も見事な相撲を取りました、こりゃあ、面白くなりますよ、今場所も

まず、今日は順番に、照ノ富士と阿武咲
の対戦から振り返って参りましょう。

立ち合い、照ノ富士は上手狙いで行き
ましたが、阿武咲が素晴らしい踏み
込みを見せては、照ノ富士に上手を
取らせなかった。

そして、二本差すと、間髪入れずに前に
出ました。

照ノ富士もなんとか堪えますが、もろ
差しになられれば、さすがの照ノ富士
でも、こりゃあ、何もできない。

阿武咲、圧巻の寄り切り。

驚いたね。

見事な相撲でした!

阿武咲という力士は、元々「貴景勝の
ライバル」でもあり、数年前にはむしろ
貴景勝よりも出世街道を突っ走っていま
した。

ケガでだいぶ遠回りをさせられましたが、
貴景勝と同じ24歳。

昨日の高安戦も見事な押し相撲でしたが、
この連勝で「今場所の主役」に躍り出る
可能性が出てきたと言っていいでしょう。

次に、昨日の初日にいいところなく敗れた
貴景勝と、朝乃山に勝って気を良くして
いるであろう大栄翔の一番についても
振り返ります。

立ち合い、頭から当たった両者。

ここまでは、毎場所見られる立ち合いの
光景でしたが、ここからがいつもと違った。

押し合いになるも、大栄翔が押し勝つと
いう・・・。

パッと見、貴景勝の足が揃っているとも
見えましたし、解説の荒磯親方はさすが
です、「片足のみで土俵に立っている」
と指摘しましたが、ようは、「先場所
までの安定感からは遠く欠ける」という
ことです。

足が出ないから、押しに威力が伝わらない。

よって、相手の押しに焦って、前のめりに
なってしまう。

今日は、そこを大栄翔にうまくはたき込ま
れてしまった。

もっとも、そういう相撲を取らせた
大栄翔の充実ぶりをここでは大いに
評価したいと思います。

昨日に続いての大関戦連勝。

褒め称えようではありませんか。

先の阿武咲同様、今場所の主役になる
可能性を大いに秘めています。

明日の対戦相手は正代。

これで大関戦3連勝なんてことになると、
三日目にして今場所の殊勲賞が確定と
なりますよ。

一方、綱とりの貴景勝は初日からの
連敗で、綱とりは絶望的となりました。

ですがねえ、まだ二日目です。

明日以降、全部勝てば、どうなるかは
分かりません。

腐らずに頑張ってもらいたいものです。

朝乃山が北勝富士相手に勝った一番に
ついても一言。

やっぱり、右を差した時の朝乃山は
現在の角界では最も安定した力が
出せることを証明した一番となり
ました。

右差しからのすくい投げで一蹴。

しかし、今場所の朝乃山はカド番でも
あります。

まずは、ケガに気を付けて勝ち越しを
狙ってほしい。

最後に結びの正代と高安の一番も少し。

これはねえ、正代からすると、元大関の
高安を相手に苦戦しました。

というか、高安自体、連敗スタートとは
いえ、状態は良いのではないでしょうか。

高安は正代相手に差させずに、一時は
中に入って、一気に前に出ようとして、
正代を焦らせました。

最後は正代が珍しく頭を付けて前に出た
ところをとったり気味に呼びこんでしまい、
そのまま押し出されましたが、高安の
状態の良さは伺えました。

さて、明日以降ですが、当ブログも果たして
更新できるかどうか、微妙なところでは
ありますが、できうる限り、早めに更新
できればと思っております。

初日、二日目を見ていて、私は思いました。

面白くなりますよ、今場所も

どうぞ、ご期待下さい!



*場所を追う毎に力を付けている大栄翔。
今場所は主役になる大チャンスです! ↓













posted by あらやまはじめ at 21:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | 大栄翔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村