2020年09月30日

【令和2年大相撲秋場所・総括 + 正代大関昇進速報!】「至誠一貫」、正代は貴景勝、朝乃山と共に、新たな時代を築いてくれると期待しています・・・8か月ぶりに開かれた横審でやっと白鵬と鶴竜への言及がありましたが・・・

正代の初優勝で幕を閉じた大相撲秋場所の
千秋楽から三日。

ようやく、【総括】を書けるかと思ったら、
まさに今日、正代の大関昇進が正式に決定
しました。

よって、まずは、この話題から少し。

大関昇進の伝達式、正代の隣に師匠の
時津風親方はいませんでした。

場所前、コロナ対策のガイドラインに反した
として謹慎を余儀なくされた時津風親方。

しかし、相撲協会は「晴れの舞台だから」
とのことで時津風親方の伝達式への出席を
特例で認めましたが・・・。

なんと、昨日、急性膵炎で手術を受けたと
いう。

つくづく、ついてない親方だね、時津風
親方は。

正代は口上に「至誠一貫」なる四字熟語を
入れてきました。

その意味については、もうご存知でしょう
から、あえて当ブログでは取り上げません
が、真面目な正代らしくていいんじゃない
ですか。

(*「至誠一貫」のマグカップ、あるんです
なあ。↓)




正代の秋場所についての総括は、当ブログで
既にある程度してきましたが、一場所を通して
の正代を振り返れば、「立ち合いの圧力が
明らかに増した」ことがすべてでしょう。

腰高で胸から当たる立ち合いは、以前から
変わりはありません。

しかし、ここ数場所好成績をキープしては、
初優勝を成し遂げ、大関にまで昇進する
原動力になったのは「圧力」の二文字に
尽きる。

ただねえ、上半身の強さに頼る相撲は、
例えば、高安を見れば、「諸刃の剣」と
言えなくもありません。

現に、高安はケガをして、平幕に落ちて
しまった(来場所は三役復帰が濃厚ですが)。

正代にはそうならないことを願うと共に、
先輩大関の貴景勝、朝乃山と新たな時代を
築いてほしいし、そうなるであろうと私は
期待しています。

秋場所のもう一人の立役者は、間違いなく
新入幕の翔猿でした。

正直、翔猿の取組、どうしても幕内前半で
組まれたため、私も長らく、ビデオで振り
返るしかなかったのですが、終盤戦になって
リアルタイムで何番か見られました。

やっぱりねえ、「年の功」とまでは言い
ませんが、新入幕とはいえ、正代と同じ
28歳ですから、「きっかけがあれば、
一気に大ブレークする力士」だったの
でしょう。

相撲の取り口もさることながら、その
コメントも実に愉快痛快で、来場所以降
も楽しみな力士です。

朝乃山と貴景勝の両大関についても一言
ずつ。

朝乃山は初日からの3連敗がどうしようも
なくもったいなかった。

あれがなければ、優勝していたでしょう。

ああいう「ポカ」(とあえて言いますが)
は今後二度とないようにしてもらいたい。

「ポカ」がなくなれば、依然、横綱候補
筆頭なんですから。

貴景勝は、ケガを抱えながら、よく最後
まで優勝戦線に残りましたね。

ただ、押し相撲だけの限界のようなものを
見ている側からも垣間見え、正直、どんな
形になっても押し相撲で100%近く勝てない
と、横綱昇進は厳しいんじゃないかと、
個人的には思います。

組んで相撲が取れないというのは、やはり
致命的です。

平幕では、先の翔猿に加え、西の筆頭で
見事二桁勝利を挙げた隆の勝を絶賛したい。

部屋頭の貴景勝と稽古をしてきたが故、
力を付けてきた力士ですが、今場所の
相撲を見る限りでは、将来的には貴景勝
よりも横綱に近いと私は見ました。

基本は押し相撲ですが、隆の勝の場合、
組んでも相撲が取れる。

結局ねえ、組んで相撲が取れなければ、
大関止まりですよ。

横綱の場合、「相手を受け止める」ことが
大前提ですから。

さて、その横綱ですが、今場所は白鵬と
鶴竜の両横綱が初日から全休し、場所後、
8か月ぶりに開催された横審でも議題に
上がりました。

私はてっきり「引退勧告」をするものだと
ばかり思っていましたが、なんと「来場所
の動向を見て決める」ということです。

なんのための横審か?

これねえ、「横審廃止論」が出ても、おか
しくないですよ。

現状の両横綱はもはや、横綱の仕事を全く
していません。

というか、放棄している。

「横綱がいないと、興行上困る」とは相撲
協会がよく言うセリフですが、そもそも、
このコロナ禍で、地方興行はできていない。

であれば、別に横綱がいなくても、困らない
はずなんです。

興行上も。

「横綱の土俵入りが見られないのは寂しい」
という意見も出たようですが、これもねえ、
相撲協会並びに横審の「思い込み」です。

私は横綱の土俵入りなど、ここ数年、ほと
んど見ていません。

だいたい、横綱が土俵入りする時間に
テレビ中継を見られる社会人がどこに
いるのか?

リタイアした老人だけでしょう?

少なくとも、平日に関して言えば。

なぜ「横綱不要論」が出ないのか?

白鵬はもはや、出場しても、立ち合いの
反則まがいの「恫喝相撲」で相手を威圧
しているだけであり、観客並びに視聴者
を嫌な気持ちにさせる力士の筆頭格です。

「ハッタリ」でしか勝てない。

優勝回数44回は立派ですが、では、大鵬
さんと比べて、あるいは北の湖さんと
比べて「白鵬の方が強い」と思うオールド
ファンはゼロでしょう。

私の世代では北の湖さんが強かったですが、
白鵬のような「ハッタリ」はしたことが
ないですし、勝てなくなったら、スパッと
辞めた。

それこそが「横綱の美学」であり、あれ
から30年以上経った今でも「北の湖は
強かった。見事な横綱だった」と語り
継がれる理由なんですよ。

延命して、勝つために汚い相撲を取る
ことは横綱のすることじゃない。

また、鶴竜に関しては、「日本国籍が
取れていない」という、その一点のみで
延命しているに過ぎない。

状態が良くなれば、鶴竜の場合、相撲の
うまさがありますので、逆に白鵬よりも
相撲が取れるのではと私は思っています。

しかし、白鵬と同じ35歳です。

一昔前なら、とっくに引退している年齢
です。

本来、既に両横綱共、とっくの昔に引退
していておかしくはない。

横審は「来場所を見てから」との見解です
が、両横綱共、来場所は休場が濃厚です。

さあ、横審がどんな見解を述べるのか。

今から楽しみです。




*「力士名鑑」、来年は様変わりしている
でしょう。↓



posted by あらやまはじめ at 22:20| 神奈川 ☁| Comment(1) | 正代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村