2020年07月31日

【令和2年大相撲七月場所・十三日目速報!】朝乃山を圧倒した照ノ富士の「技術」に今日は目を見張ったね、かつての大関時代より強いんじゃないか・・・一度は取った左上手を切られた朝乃山にとってはいい勉強、そもそも「新大関」ですよ

先に当ブログでも速報でお伝えしま
したが、白鵬が今日から案の定休場と
なり、2敗力士は消滅。

よって、今日の1敗対決である「朝乃山
×照ノ富士」戦が事実上の優勝決定戦に
なりました。

その大一番をじっくりと振り返って参り
ましょう。

立ち合い、すぐに両者とも得意の右四つ
左上手に。

しかし、朝乃山、直後に左上手が切れました。

というか、照ノ富士がうまく切りましたよ。

そして、解説の北の富士さんがいみじくも
指摘していたとおり、左上手の取り方が
うまかった。

「小指も入れて」ね。

朝乃山は右からの下手投げでなんとか
凌ごうとしましたが、照ノ富士が左上手
をがっちりと引きつけている。

こうなると、照ノ富士、前に出て、最後は
「教科書通り」、右のかいなを返して、
寄り切り。

照ノ富士の圧勝でした。

私は照ノ富士の「技術」に目を見張り
ました。

春場所前に、照ノ富士が朝乃山に稽古を
つけては、左上手を取る動きを指導して
いたことは、私も以前、スポーツ紙で目に
していましたが、朝乃山からすれば、その
時の「負い目」も多少は気持ちの中に
あったんじゃないかな。

なんぼ、今場所幕尻とはいえ、照ノ富士は
「元大関」ですから、立場的には朝乃山が
教えを乞う立場です。

朝乃山も「有難い」と照ノ富士に感謝して
いましたし。

照ノ富士側からすれば「元大関としても、
意地でも負けられない」思いだったはず。

しかし、照ノ富士は「戻ってきた」という
よりは、今日の相撲を見れば、かつての
大関時代より強いんじゃないか。

なにより、経験から来る「技術」は当時は
ありませんでしたから。

立派です。

立派の一言。

朝乃山にとってはいい勉強です。

今日白鵬が休場したことにより、横綱大関
陣では朝乃山のみが出場という状態になり
ましたが、そもそも「新大関」ですよ。

我々があまりに期待しすぎです。

私も含めてね。

これは自戒も込めて、改めて「朝乃山は
まだ新大関という立場」ということを
噛みしめたい。

・・・これで、今場所の優勝争い、照ノ富士が
圧倒的に有利となりました。

ただ、あと残り二日あります。

照ノ富士は明日、正代戦。

正代は今日、白鵬の休場による不戦勝で
星を二桁に乗せました。

自らの大関とりのためにも、一番でも
二番でも白星を多く積み上げたいところ。

今場所の正代も動きがいいですし、
照ノ富士からすれば、正代に二本
差された時の一気の攻めを考えれば、
今日の朝乃山よりやりにくい相手かも
しれない。

一方の朝乃山は明日、結びの一番で
なんと照強と対戦。

初顔。

「なぜ、照強?」と私も思いましたが、
休場者が相次ぎ、対戦相手を組むのに
審判部も苦労しているであろうことは
よく分かります。

朝乃山からすれば、組み止めてしまえば
楽な相手でしょうが、小兵だけに何を
してくるか分からない怖さはある。

明日、照ノ富士が勝って、朝乃山が
敗れれば照ノ富士の優勝が決まります
が、おそらく千秋楽までもつれるん
じゃないですか。

そんな予感がします。

最後に返り小結で、7度目の三役で
初めて勝ち越した隠岐の海について
一言。

今場所の隠岐の海は初日の白鵬戦
からずっと体が動いており、体調が
いいのだろうと思っていましたが、
35歳になって三役で初めて勝ち越し
というのは、一相撲ファンとしても
実にうれしいことです。

今場所は関脇小結の4人がすべて
勝ち越しですから、来場所も小結に
据え置きとなるでしょうが、これを
機に、まだまだ大関を狙ってほしい。

戦国時代と化しつつある今こそ、
最大のチャンスですよ。



*照ノ富士の初優勝時の「月刊相撲」と
グッズをいくつか掲載しておきます。↓










posted by あらやまはじめ at 20:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村