2020年01月15日

【令和2年大相撲初場所・四日目速報!】「ズル休み」の白鵬以上に休場すべきは、今日も惨敗した鶴竜の方ではなかったか・・・カド番でようやく初勝利を辛くもつかんだ豪栄道さえ、いとおしく感じられましたよ、今日は

先に白鵬の休場を当ブログでもお伝え
しましたが、今日の取組を帰宅時に
AbemaTVで、また帰宅後、娘が録画
してくれたNHKの大相撲中継を見るに
つれ、腹立たしさが倍増してきました。

休みたくても休めない力士がいかに
多いことか。

例えば、カド番の豪栄道。

今日は難敵の大栄翔相手に攻め込まれ
ながらも、なんとかしのぎ、辛くも
初勝利をつかみましたが、あの豪栄道
さえ、私はいとおしく感じられましたよ。

というか、豪栄道は元より、平幕力士は
公傷制度もありませんから、休めば
休んだだけ番付が下がる。

だから、休めない。

でも、これは一般社会でも同じです。

休みたいときに休んでいたら、そんな
人材はすぐにクビになるのが世間一般の
常識じゃないですか。

ところが、相撲界にはそんな世間一般の
常識が通用しない。

白鵬は横綱という「特権階級」の利権を
これでもかと使い続け、新たな横綱が
出てこないことをいいことに、安住の地
に居座り続けている。

今回の休場も「ズル休み」と断定していい。

診断書なんて、なんとでもなるんですから。

これ、都合が悪くなった政治家が入院する
のと同様です。

そういう悪知恵だけは発達するんですなあ、
トシを取ると。

こんな邪悪を平気で許している相撲協会、
自ら公益財団法人を辞退すべきではない
のか。

というか、公益財団法人相撲協会の命運を
握っている文科省はなぜ、黙っているのか。

「こんな茶番を許している相撲協会には
公益財団法人の資格などない。税制の免除
も一切なくす」と一言言えば済む話なん
ですがねえ。

やっぱり、貴乃花さんあたりに自民党から
出馬して政治家になってもらって、文科省
の要職にでも就いてもらわない限り、この
組織の改善など望むべくもない。

それはさておき・・・。

今日の相撲を見ていて、白鵬以上に休場
すべきだったのは、もう一人の横綱、
鶴竜の方だったと思ったのは私だけでは
ないでしょう。

今日の対戦相手は、昨日白鵬を破った
妙義龍でしたが、立ち合い、鶴竜は
妙義龍を中に入らせまいと左から
おっつけていきましたが、このおっつけ
がどうにもこうにも弱かった。

よって、妙義龍に右を差されると、左も
差され、もろ差しを許し、いつもどおり、
頭から叩いて呼び込んでしまい、結果、
押し出されてしまった。

惨敗。

白鵬より鶴竜の方が明らかに状態は悪い
ですよ。

それでも、白鵬が「ズル休み」したから、
鶴竜は今日も出場したわけですが、これで
1勝3敗ですから、明日からの休場はほぼ
間違いない。

おそらく、明日の昼の当ブログで、鶴竜
休場の【速報】記事を出すことになる
でしょう。

今日は期待していた力士が結構敗れました
が、中でも朝乃山が阿炎に完敗した一番を
少し振り返って参りましょうか。

新関脇で昨日まで3連勝の朝乃山に対し、
場所前の稽古で膝を痛め、初日から
3連敗の阿炎。

どう見ても、朝乃山の勝利を8割方予想
していましたが、相撲は取ってみないと
分からない。

阿炎という力士は立ち合い、もろ手突き
しかありません。

ですが、今日の阿炎は「もろ手突きからの
もろ手突き」が強烈でした。

朝乃山はなんとか右を差そうとしたわけ
ですが、もろ手突きの二の矢、三の矢が
出ると、さすがの朝乃山も後退せざるを
得ない。

最後は阿炎、のど輪でダメ押しては、
朝乃山を押し倒した。

今日は阿炎を褒めるべきでしょう。

朝乃山は「格下相手への一敗」となり
ましたが、気にすることはありません。

先場所までは阿炎の方が格上だったの
ですから。

阿炎の意地が勝ったと見るべきでは
ないですか。

最後に、貴景勝と遠藤の注目の一戦に
ついても一言。

好調な遠藤は、貴景勝の押しをこらえて、
中に一瞬入りましたが、貴景勝がそれを
嫌い、いなしたところ、突き落としに
バッタリ。

これこそが「番付差」のある取組だと
思いましたね。

なんぼ遠藤が実力者であって好調とは
いえ、大関が勝つ。

これが本来の構図です。

貴景勝は大関らしくなってきました。

今日はこの辺にしておきましょう。




*力士名鑑、最新版です。↓







posted by あらやまはじめ at 21:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】白鵬、今日四日目からの休場には呆れて物が言えない・・・負けが込むと休むことを繰り返すのはただの延命策、引退勧告すべきです、もう

出先ですので、手短かに参ります。

昨日まで連敗の白鵬、今日四日目
からの休場が発表されました。

昨日、妙義龍に破れた後、花道を
下がる白鵬はなぜか笑っていました。

その姿を見ていた高三の娘は、
「もう休もっかなあって、白鵬は
思ってるんじゃない」と言って
いましたが、的中(?)しました。

それにしても、ここ最近の白鵬は
序盤に負けが込むとすぐに休む。

これ、横綱の責任を完全に放棄して
います。

こんなに隔場所ごとに休む横綱など、
かつてはいなかった。

そうなったら引退するしかない
ことが横綱であれば分かって
いたからです。

ところが白鵬の場合、そうじゃない。

「優勝できなさそうなら、休んだ
方が体を休ませることができる。
どうせ、横綱から陥落することは
ないんだし」とでも思っている
フシがある。

本来、そういったことも外国人で
ある白鵬(日本国籍は取りましたが)
には歴代の横綱が教えるべきなの
ですが、「大横綱」と言われた
親方はことごとく、相撲協会から
姿を消してしまった。

誰も白鵬に物申せない。

こういうときこそ、横審の出番でも
あるのですが、最近の横審は腰が
引けてしまっている。

ですが、ここで横審が白鵬に引退
勧告するくらいでないと、同じ
ことを延々と繰り返しますよ。

今回の休場もただの延命策。

長年相撲を見てきたファンほど
呆れて物が言えないはず。

もう、白鵬の役割はとっくに
終わっています。

潔く自分から引退するように
仕向けるのも、相撲協会が
やらないのであれば、横審が
すべきではないのか。



*電子書籍でも読めます。↓



ラベル:白鵬 横審 妙義龍
posted by あらやまはじめ at 11:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村