2019年11月14日

【令和元年大相撲九州場所・五日目速報!】明生は終始高安に押し込まれながら、よくぞ勝ちましたよ、しかも「かいなひねり」で・・・隠岐の海にいいところなく敗れた御嶽海は、大関昇進どころか、休場の可能性も出てきました

今日は幸運なことに、17時台から
自宅で大相撲中継をテレビ観戦
できる僥倖に恵まれました。

こういう幸せはそうそうない。

そんな束の間の幸せを一時でも
かみしめながら、今日の取組を
何番か振り返って参りましょう。

まずは、北勝富士と朝乃山の
「張出小結対決」から。

五日目にして、このような好取組
が見られることになって、私は
大いに期待していましたが、勝負は
あっけなく決まりました。

立ち合い、気合十分の北勝富士は
頭から当たっていきましたが、
朝乃山はかち上げ気味に胸から
当たっていきました。

そして、朝乃山はすぐに右が入り
ましたね。

北勝富士は今場所、自ら「技能賞を
狙える」と自画自賛している右からの
おっつけをする暇もなく、右四つの
朝乃山に一気に前に出られ、寄り切り。

・・・まあ、両者とも今後を期待する、
私のひいき力士なのですが、今日の
ように「組み止めると朝乃山」という
のは改めてはっきりしました。

この両者の取組は今後も期待したい
ですね。

御嶽海が隠岐の海に敗れた一番に
ついても一言。

今日も御嶽海は右まぶたの上に
絆創膏を貼っていました。

やっぱり、右目は「使えてない」ん
だと思いますよ。

実際、今日は、「弱味を悟られまい」
と思ったのか、昨日と違い、頭から
当たっていきましたが、昨日の白鵬戦
でも「勝っておかしくなかった」、
体が動いている隠岐の海は左を差して、
すぐに前に出ました。

最後は右上手もとって、万全の寄りで
隠岐の海が御嶽海に完勝。

御嶽海は大関昇進どころか、休場の
可能性も出てきたと言えます。

昨日、今日の相撲を見れば、上位で
相撲が取れる状態ではありませんから。

明生が高安に勝った一番、これは
「今日の一番」ですね。

いや、相撲自体は終始高安が押し込んで
いました。

しかし、明生は力を付けているんです
なあ、高安の押しを回り込んではいなし、
最後は、高安の左のかいなをたぐって、
「かいなひねり」で勝ってしまった。

・・・「勝ってしまった」という表現は
明生に失礼かもしれませんが、相撲
自体は高安が終始優勢でした。

でもねえ、押し込めなかった、勝ち切れ
なかった高安に対して、「薄氷の勝利」
をもぎとった明生の、急速なレベル
アップを評価しようではありませんか。

こういう力士が時代を作るんです。

最後に、貴景勝がまさかの宝富士に
敗れた一番について一言。

私は今日の貴景勝の相手が宝富士と
聞き、一緒に見ていた高3の娘にも
「貴景勝は楽勝ポンだ」と予想して
いましたが・・・。

相撲は分からないね。

何十年経っても。

立ち合い、貴景勝は例によって、
頭から当たっていったのですが、
宝富士の唯一の武器とも言える、
左からのいなしに、足もそろって
しまった、ばったり倒れてしまい
ました。

まだ五日目が終わったばかりです
から、優勝争いについて云々する
のは野暮というもの。

ですが、明日、1敗同士で白鵬に
明生が挑戦します。

これは楽しみ。

明生は今日のようなしぶとい相撲を
取れば、白鵬相手でも勝つ可能性は
十二分にあると言っていい。

白鵬は一瞬で決めに来るでしょう
から、明生は勝負を長引かせること
ですよ。

白鵬は年齢も年齢です、長い相撲に
なると苦しくなる。

明生が全国区になるチャンスでもあり、
場合によっては優勝争いでもリードを
しては、初優勝を狙えることになる
かもしれない。

六日目ですが「大勝負」ですよ!

明日のこの一番、リアルタイムで
見られるかどうか分かりませんが、
大いに注目したいと思います。



*明生! ↓



posted by あらやまはじめ at 22:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | 明生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】栃ノ心、今日五日目からの休場が決定・・・昨日の「首ひねり」は確かに右脇腹を痛めても仕方がない、稽古場でもやったことがないだろうし・・・再出場に期待したい

出先ですので、手短かに参ります。

大関復帰をかける関脇の栃ノ心、
今日五日目からの休場が決定
しました。

昨日の宝富士戦、捨て身の首ひねり
で勝ったことを当ブログでも絶賛
しましたが、大きな代償を負って
しまいました。

あの首ひねりは、相撲を少しでも
取ったことがある人なら分かるかと
思いますが、確かに右脇腹を痛めても
仕方がない技です。

おそらく、稽古場でもやったことが
ないだろうし。

「絶対に負けたくない」が故、咄嗟に
出た大技で大相撲の醍醐味を見せて
くれましたが、まさかこんなことに
なるとは・・・。

どれくらいの負傷かは分かりませんが、
重症でなければ再出場の可能性は
あり得ます。

今日明日の具合次第でしょうが、
ここで大関復帰ができなければ、
おそらく、栃ノ心が大関に返り咲く
ことはないと思います。

三場所で33勝できる力は今の栃ノ心
にはありません。

度重なるケガの影響もありますしね。

今日の不戦敗で2勝3敗。

ただ、残り2敗まではできます。

下手したら、明日から再出場なんて
こともあるかもしれません。

意地を見せてほしい。

再出場を期待したい。




*一年経って、こうなるとは・・・。↓

ラベル:宝富士 栃ノ心
posted by あらやまはじめ at 14:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | 栃ノ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村