2019年08月28日

【令和元年大相撲秋場所・番付発表】なぜ、貴景勝を張出にしないのか?・・・阿炎も上げて関脇を三人にした方が絶対に面白いはず、これじゃ、盛り上がらないのは当然です

出先ですので、手短かに参ります。

昨日のスポーツ紙を夜になって
やっとチェックしていたら、
来たる秋場所の新番付が掲載
されていることに気付きました。

「そういえば、一昨日の朝、
ニッポン放送のニュースで
ちらっとやっていたかな」と
思い出すも、長年当ブログで
相撲について書いている私で
さえこうです。

忙しい一般の方々にとっては、
秋場所が始まる間際になって、
「あっ、相撲始まるのか」と
いう感じなのでしょう。

それもそのはず。

秋場所の番付、新味はゼロです
から。

唯一、大関から陥落した貴景勝が
「張出関脇」にでもなっていれば、
関脇が三人となり、多少なりとも
話題になったのかもしれませんが、
それもない。

審判部は、話題作りを放棄して
いるとしか言いようがない。

先場所小結で勝ち越した阿炎も
据え置き。

これじゃ、盛り上がらないのも
当然です。

かつては、当たり前のように
存在した「張出」、なぜ近年は
そこまで忌み嫌われているのか。

三役の番付に弾力性が出てくる
と思うんですがねえ。

三役の人数が増えると人件費が
増えるからかなあ・・・。

大して変わりはないと思います
がね。

・・・まあ、これから秋場所に向けて
相撲の話題も少しずつ増えてくる
でしょう。

当ブログでも、なるべく多めに
取り上げていきたいと思います。



*秋場所展望号です! ↓



ラベル:貴景勝 阿炎
posted by あらやまはじめ at 10:26| 神奈川 ☔| Comment(0) | 貴景勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村