2019年07月20日

【令和元年大相撲名古屋場所・十四日目速報!】琴奨菊、まさかの白鵬撃破にはただただ驚いた・・・それでも、白鵬の逆転優勝は固いでしょう、なぜなら・・・

今日は驚きの一番がありましたので、
いつもより早めにお届けしましょう。

結びの白鵬と琴奨菊戦ですよ。

正直、琴奨菊が白鵬に勝てると思って
いた相撲ファンは1万人に1人と言って
も過言ではない。

過去の対戦成績は白鵬の56勝6敗。

琴奨菊が最後に白鵬に勝ったのは
初優勝した2年以上前ですよ。

あれから、琴奨菊は大関から陥落し、
平幕で相撲を取り続けて久しい。

ただ、今場所は、十一日目に鶴竜に
善戦した一番を当ブログでも大きく
取り上げたとおり、琴奨菊の動き
自体はずっと良かった。

今日の取組、ちょっと振り返って
参りましょうか。

琴奨菊が勝てるとすれば、「左を
差して、一気のがぶり寄りしか
ない」と思っていましたが、まさに
そのとおりの展開となったのです
から、相撲は分からない。

左を差しただけでなく、右も入り、
もろ差し。

これ以上ない立ち合いで一気に前に
出た琴奨菊。

白鵬は立ち合い、右上手を取りました
が、琴奨菊が左差しからかいなを
返して、がぶり寄ったため、珍しく
上手が離れてしまった。

ここまで防戦一方の白鵬は、琴奨菊
戦に限って言えば珍しい。

それでも、土俵際、どうかとも思い
ましたが、がぶり寄りの勢いそのまま、
琴奨菊が危なげなく寄り切りました。

・・・昨日の当ブログでは、「陰謀論」
のようなことを書きましたが、まさか
白鵬は見ていないだろうねえ。

たまにありますからねえ、「ひょっと
して・・・」というようなことが。

これまでにもね。

なお、結び前の一番は鶴竜が御嶽海を
危なげなく寄り切りました。

これで、明日、鶴竜が白鵬に勝てば
優勝、負ければ優勝決定戦となった
わけですが・・・。

それでも、白鵬の逆転優勝は固いと
私は見ています。

陰謀論?

それもありますが、そういう方向に
持っていっている「見えざる力」の
ようなものが働いているとしか思え
ないんですよ。

鶴竜が優勝するとすれば、本割で勝つ
以外にない。

本割で負けたら、決定戦はもっと
厳しいでしょう。

まあ、粛々と明日の千秋楽をじっくり
待ちたいと思います。

最後に、幕内初の勝ち越しで土俵下で
涙を流した炎鵬について一言。

先場所も勝ち越しに王手をかけてから
連敗が続き、結果的に負け越し。

今場所も同じような展開で連敗をして
いただけに、込み上げるものがあった
のでしょう。

炎鵬のような軽量力士にとっては、
まさに「一日一番」の心境のはず。

一つ勝つのがどれだけ大変なことか。

炎鵬の涙に教えられたような気がしま
したね。

いい光景でしたよ。

技能賞の一つでもあげたいよね。



*琴奨菊グッズ、いくつかどうぞ! ↓









posted by あらやまはじめ at 19:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | 琴奨菊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【令和元年大相撲名古屋場所・十三日目速報】鶴竜が友風に敗れた一番、あれは不自然です・・・白鵬を優勝させる「忖度」がどこかで蠢いている としか思えませんが、これ以上は言わない

夜も遅いので手短かに参ります。

今日は、今場所初めて、NHKの
大相撲中継が見られず、帰宅途中に
AbemaTVで後半の取組を何番か
見たのですが・・・。

全勝の鶴竜が3敗の友風に敗れた
一番。

これを視聴者はどう思ったか?

正直言って、今場所の鶴竜のこれ
までの戦い方を見ていて、「あの
程度の突き落としで負けるか?」
という不自然さを感じたのは私
だけではないでしょう。

いや、確かに新鋭の友風は今場所
好調で、当たりが強いことも分かっ
ていますよ。

ただねえ、友風が当たって、すぐに
右に動いてあの程度のはたきで昨日
まで全勝の横綱が敗れるかと問われ
れば、私は「否」と言う。

相撲界では「八百長はない」と、
いわば「根絶宣言」のようなもの
まで数年前にはしたわけですが、
だいたい、モンゴル語をしゃべれる
親方は元旭天鵬くらいしかいない
わけです。

モンゴル語で上位の力士があれこれ
言っていても、相撲協会の上層部
にはそれを分かる親方は一人も
いない。

そりゃあ、取組前に幕内力士の
付け人が東西の支度部屋を行き来
することを廃止するなど、協会も
建前上はやることはやっています。

ただ、それで八百長が本当に根絶
できるとは私は思っていません。

今日の鶴竜の取口を見れば、
「なんらかの力が働いていたの
だろう」とは、相撲ファンなら
誰もが思うことです。

結局、白鵬を優勝させるという
「忖度」がどこかで蠢いている
ことは間違いない。

その白鵬は妙義龍相手に、多少
苦戦しながらも、最後は勝った
わけですが、勝った直後に右手
を挙げて、「どうだ!」とでも
いった動作をするのは、もはや、
「言っても分からない」ことは
承知の上でも、私は指摘したい。

あれは、横綱のやることではあり
ません。

なんだろうねえ。

私が「北の湖、千代の富士、貴乃花」
を見てきた「古い世代」だから、
そう思うんですかね。

その3横綱、いや、3大横綱は今日の
白鵬のような動作をしたことは、私が
知る限り、一度もない。

北の湖には近いものはあったかも
しれませんが、今日の白鵬のように、
勝った直後、右手を挙げて「どうだ」
と勝ち誇るような動作は見たことが
ない。

それは「横綱は勝って当然なのだから、
勝ち誇ってはいけない」という矜持が
あったからだと私は思っています。

ところが、近年の白鵬は力が衰えて
きたこともあってか、必要以上に
「勝ち誇る」動作が目立ってきました。

あれに共感する日本人は一人とていない
ことを白鵬には分かってほしいものです
が、もはや、今更、何を言っても聞く耳
は持たないでしょう。

「裸の王様」ですから。

今場所はこれで、100%、白鵬の優勝で
決まりです。

そういう方向に白鵬が持っていっている。

個人的には「協会の上層部もモンゴル語を
覚えてはどうか」とさえ思いますが、
彼らに外国語を覚える能力があるとも
思えませんし、白鵬のやりたい放題の
時代はまだまだ続くのかと思えば、当
ブログを書くのもむなしいかなと思った
今日一日でした。

これ以上は書くまい。



*友風も若いのだから、立ち合いの変化で
突き落としなどという「おじんくさい
相撲」を取っちゃいけない。がっかりだ。↓




posted by あらやまはじめ at 00:02| 神奈川 ☁| Comment(1) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村