2019年07月13日

【令和元年大相撲名古屋場所・七日目速報】豪栄道はなんぼ言っても張り差しをやめないから、今日みたいに遠藤にもろ差しになられて負ける、もう病気の域です・・・好調な正代を全く寄せ付けなかった鶴竜の動きはいい、全勝優勝するんじゃないですか

今場所はつまらないね。

なんだろう。

「予定調和」のような取組ばかりで、
なにかの力が動いているような気が
してなりません。

これ以上言うと、問題になりかね
ませんので言いませんが。

「八百長問題」はまだまだ根絶されて
いないと思っているのは私だけで
しょうか?

・・・そんな「予定調和」からは程遠い
一番から見て参りましょうか。

豪栄道と遠藤の一番。

立ち合い、豪栄道は左から張っていき
ました。

・・・もう、なんぼ言っても治りませんね。

この悪癖は。

優勝はもちろん、横綱への昇進をもはや
諦めているから、こういう小手先の
張り差しが、バカの一つ覚えのように
繰り出される。

見苦しいのは白鵬と同様ですが、豪栄道
の場合、勝てないのですから、さらに
見苦しさが倍増する。

立ち合い、左から張ったことにより、
豪栄道の左はおろか、右までも脇が
甘くなり、遠藤にもろ差しを許すこと
となった。

これ、遠藤のような相撲巧者が相手で
あれば、こういう展開になるであろう
ことは、我々素人でも分かる話です。

それが、豪栄道にはいつまで経っても
分からない。

だから優勝もできないし、横綱にも
昇進できない。

これねえ、もはや「病気」の域ですよ。

こういう、進歩のない「ロートル」の
力士には、さっさと土俵から退場して
もらう以外、打つ手はありません。

語るのも疲れる。

今日はもう一番、白鵬のことは語りたく
ないので、もう一人の全勝力士、鶴竜に
ついて少し。

今日の対戦相手は正代でしたが、今場所
好調な正代を相手に、鶴竜は突き放しに
行くかと思っていたら、立ち合いから
組んでいきました。

すぐに左を差して、右上手を引いて、
横綱相撲で寄り切りました。

今場所の鶴竜、いいですよ。

組んでよし、離れてよし、でね。

全勝優勝するんじゃないですか。

まあ、白鵬がいますから、白鵬次第
ではありますが、取りこぼしがなけ
れば、鶴竜の方が相撲自体は安定
しています。

明日は中日。

後半戦の鶴竜にちょっと注目していき
たいと思います。



*豪栄道のグッズ、たまには紹介して
おきましょう。↓









posted by あらやまはじめ at 23:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | 豪栄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【令和元年大相撲名古屋場所・六日目速報】正代の今場所の動きはいい、今日も豪栄道に勝って、後半戦の台風の目になるかもしれません・・・白鵬と碧山の立ち合い、あれは興ざめ、大して注目もされていないのだから、「さっさと立て」

夜も遅いので、一言。

今場所は正代の動きがいい。

今日も豪栄道に勝ってねえ。

一気に前に出ましたし。

明日は鶴竜戦ですか。

後半戦の台風の目になるかも
しれません。

結びの白鵬と碧山の対戦に
ついても一言。

立ち合い、両者が腰を割らずに、
何度も「待った」となったわけ
ですが・・・。

興ざめです。

だれも、碧山が白鵬に勝てるとは
思っていない。

大して注目もされていないの
だから、「さっさと立て」と
思ったのは私だけではない
でしょう。

案の定、白鵬の完勝でつまらない
取組となりました。

・・・日をまたいでしまいました。

今日はこの辺で。




*正代です。↓



posted by あらやまはじめ at 00:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 正代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村