2019年07月10日

【令和元年大相撲名古屋場所・四日目速報】白鵬が竜電戦で見せた右からの張り差し、あれは相当竜電を警戒していた証拠です・・・北勝富士は豪栄道戦、見事な相撲だった、今日一番でしょう!

夜も遅いので、手短かに参ります。

結びの白鵬と竜電の一番から。

立ち合い、白鵬は右から張っていき
ました。

ここ最近見られなかった、悪名高き
立ち合いの張り差しを竜電に食らわ
せたということは、白鵬も竜電に
相当警戒していたということでしょう。

相変わらず、見苦しいですがね。

白鵬は左差しから、右上手を取って
竜電を一蹴しましたが、これは、
「竜電よ、得意の左四つで勝って
みろ」とでもいった、白鵬ならでは
の挑発でした。

竜電は左が入っていましたが、白鵬
はあえて竜電に左四つにさせました。

なんだろうねえ。

こういう相撲を見せられると、愕然と
します。

ただ、封印していた張り差しを出した
のは、竜電にとっては、「オレも少しは
認められるようになってきた」と自信を
持っていい。

今日は時間がないので、もう一番だけ
振り返ります。

北勝富士が豪栄道に勝った一番。

これ、豪栄道が先に引いて、さらに
引くという消極的な相撲が北勝富士に
勝たせる隙を与えたと言えなくもない
ですが、それを差し引いても、北勝
富士がいかに力を付けてきているのか、
証明する一番となりました。

豪栄道に二度も引かせたということは、
それだけ北勝富士の当たりが強かった
という証左です。

仕切り前の気合だけではない。

確実に力を付けてきているからこその
勝利です。

先の竜電にしろ、北勝富士にしろ、
ここ数場所、私が注目している力士
です。

こういう勢いのある力士には、さらに
上を目指してほしいと改めて思った
次第です。

今日はこの辺で・・・。



*北勝富士グッズ、まとめてどうぞ! ↓









posted by あらやまはじめ at 22:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | 竜電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村