2019年05月16日

【令和元年大相撲夏場所・五日目速報!】大相撲中継、移動中はワンセグではなくAbemaTVで見ると、映像が途切れないことに気付きました!・・・栃ノ心が今日も北勝富士相手に右差しが早かった、序盤を全勝は大関復帰はもちろん、優勝の可能性もありますよ

夜も遅いので、手短かに参ります。

まあ、本当に時間がありません。

そんな中、仕事帰りに移動中の
ワンセグには、昨日の当ブログ
でも触れましたが、映像が途切れ
途切れとなり、ストレスがたまり、
仕方がなかった。

今日も同様でしたので、以前聞いた
ことのある「AbemaTV」をダウン
ロードして大相撲中継を見たら、
映像が全く途切れないことに気付き
ました。

感動しましたね!

これ、オススメですよ!

いや、AbemaTVを見たら、ワンセグ
なんて、二度と使いたいとは思い
ません。

明日からも、AbemaTVで大相撲中継
を見て、なるべく早めに当ブログで
記事更新をしたいと思います。

今日はまず、全勝の栃ノ心が北勝富士に
勝った一番から少し振り返りましょう。

両者とも、時間前の仕切りで気合の
入るタイプで、その時点から見応えが
ありましたが、立ち合い、栃ノ心は
すぐに左上手をつかんでいましたね。

北勝富士も突き押しで応酬しますが、
栃ノ心は左を離さず、右も差した。

こうなれば、ケガの癒えた栃ノ心は
前に出て寄っていくだけでしてね。

北勝富士も土俵際、必死に残しました
が、そこは地位の差、実力の差が
出ました。

栃ノ心、5連勝。

大関復帰への二桁勝利はおろか、
優勝の可能性も出てきたんじゃ
ないですか。

同じく全勝を守った鶴竜が碧山に
勝った一番についても触れましょう。

立ち合いは碧山の方が良かった。

圧力をかけて、押していってね。

ところが、今場所の鶴竜は体が
動いています。

押してくる碧山を相手に、押し返す
んですなあ。

体重差は50キロくらいあるでしょう。

その体重差をもろともしないあたり、
やっぱり、鶴竜も横綱であることを
改めて思い知った次第です。

当ブログで今場所鶴竜の話題を
取り上げるのは初めてですが、
今場所の鶴竜はいいですよ。

総じて。

調子が悪い時の鶴竜は、今日のような
圧力をかけられた時に、引く悪癖が
ありますが、今場所は引かない。

まだ、序盤の五日間が終わったばかり
ですからなんとも言えませんが、鶴竜
と栃ノ心の一騎打ちになる可能性が
出てきました。

貴景勝も休場しましたし。

明日からも、帰宅時にはAbemaTVで
大相撲中継をチェックして、なるべく
早めに当ブログで記事を更新できれば
と思っています。

ホント、AbemaTV、すごいですよ!




*栃ノ心が大関昇進時の「月刊相撲」、
まだ1年前の話です。↓



posted by あらやまはじめ at 22:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | 栃ノ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】貴景勝、今日からまさかの休場・・・四つ相撲の稽古を全くしていなかったわけでは当然ないでしょうが・・・

出先ですので、手短かに参ります。

昨日の御嶽海戦で寄り切った際に
右足を負傷した新大関の貴景勝が、
なんと、今日から休場することが
決定しました。

昨晩の当ブログで、私は「大丈夫
だろう」と楽観視していましたが、
すみません、予想が外れてしまい
ました。

おそらく、師匠の判断で大事を
取ったのではないかと思います。

貴景勝自身は間違いなく出たかった
でしょうからね。

しかし、貴景勝の四つ相撲、私も
初めて見たと言ってもおかしくは
ありませんでしたが、あの寄りで
足を痛めるというのは、ちょっと
考えにくい。

前日、負けた相撲で予兆のような
ものがあったのかもしれません。

押し相撲一辺倒の力士が本場所で
四つ相撲を取るというのは、確かに
リスクがあります。

しかし、大関に昇進したからには
「四つ相撲はできません」では、
やっぱり通用しません。

当然、四つ相撲の稽古はしていた
とは思いますが・・・。

稽古場と本場所では全然違います
からね。

大事を取って、きちんと治せば、
来場所のカド番もすぐに乗り切れる
はず。

ゆっくり、休みましょう、まずは。




*貴景勝が表紙の「大相撲ジャーナル」
です。↓



ラベル:御嶽海 貴景勝
posted by あらやまはじめ at 10:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | 貴景勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村