2019年01月20日

【平成31年大相撲初場所・中日速報】天覧相撲、天皇皇后両陛下のお姿を見られただけで、今日は幸せでした・・・次に吉田賢アナの名実況に、春日龍の弓取り、肝心の相撲は・・・貴景勝くらいかな・・・

今日は初場所の中日。

「そろそろかな」と思っていましたが、
今年もいらっしゃいました。

天皇皇后両陛下が。

ここ数年、「天覧相撲」があるとすれば、
初場所の前半戦ですからね。

しかし、両陛下に見せられる相撲が今日は
あったのか?

「天皇陛下」として国技館にいらっしゃる
のも、今日が最後ですよ。

はっきり言って、今日のような相撲では
今上天皇に申し訳ないと、相撲協会の
関係者は思ったに違いない。

事実、上位陣はことごとく休場に追い
込まれ、「これぞ!」という取組は
ないに等しかった。

だいたい、結びが白鵬と碧山です。

碧山には失礼ですが、「役不足」と
しか言いようがない。

しかも、何年経っても白鵬が結局は
結びの一番を務めるというのも、傍
から見れば、「相撲界は何も変化が
ないじゃないか」と言われても、
ぐうの音も出ない。

両陛下の案内役を務めた八角理事長は
何を思ったのか?

猛省したに違いない。

・・・これだけでも、両陛下が国技館に
いらっしゃったことの意味があるわけ
でしてね。

しかし、本当に今日の大相撲中継も
見所がほとんどなく、あるとすれば、
解説の北の富士さんを、さすがは
ベテランです、うまくあしらっていた
吉田賢アナの名実況くらいでした。

あとは、時間が早く終わったことも
あり、じっくり見られた春日龍の
弓取りくらいですかねえ・・・。

肝心の相撲では・・・。

2敗を守った貴景勝くらいでしょうか。

ライバルの阿武咲戦、もはや、彼我の
実力差を見せつけたというかね。

大関は、豪栄道が相変わらず、負けを
続けては、休場する気配もなく、高安は
勝ったものの、印象には全くといって
いいほど残らなかった。

もはや、民放のバレーボール中継の
ように「ジャニタレ」でも呼ばないと、
誰も見なくなるんじゃないですか。

大相撲中継も。

天皇陛下は4月末で退位し、吉田賢アナ
だってベテランです、いつまでやるか
分からない。

弓取りの春日龍だって、「土俵を締める」
のが本来の仕事ですからねえ。

締めるべき土俵がないんじゃないか、
今は。

・・・貴景勝が2敗のまま、なんとか終盤戦
まで優勝争いに残ってくれることを願う
くらいしか、本場所の楽しみはなくなって
きました。

いい加減、「大横綱」に忖度するような
相撲を取るのはやめたらどうか?

みっともないったら、ありゃしない。

「八百長」と言われても、何も言えません
よ、このままでは。



*両陛下を見られただけで、今日は幸せ
でした。↓









posted by あらやまはじめ at 23:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | 貴景勝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【惜別・稀勢の里】当ブログの7年分の過去記事で振り返ります・・・600近くも書いていたんですなあ・・・

今日は趣向を変えて、【惜別・稀勢の里】と
題して、先日引退した稀勢の里について
振り返るという企画をお届けしたいと
思います。

今日を逃すと、たぶん、近日中に書ける
機会がないかもしれませんので・・・。

しかし、この稀代の力士について、どう
書こうかと迷っていましたが、そこは
一応7年の歴史のある当ブログです。

過去記事で振り返ります!

当ブログが始まる前、公式ブログで相撲
記事を書いていた時代の記事も改めて
掲載して参ります。

下記に、その時代時代の記事を羅列して
いきますので、週末です、じっくりと
ご覧下さいませ! ↓


*******************************************

・【アーカイブス20110922】稀勢の里が三度、男になった!

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20120411-1.html


・【アーカイブス20111127】稀勢の里へのご褒美

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20120419-1.html


・(20130525)【速報】白鵬を慌てさせた稀勢よ、まだあきらめる必要はない

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20130525-1.html


・(20130720)【速報】一世一代の見事な相撲を取った稀勢の里…来場所は「綱とり場所」です

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20130720-1.html


・【平成28年大相撲名古屋場所・千秋楽速報】日馬富士関、8度目の優勝、おめでとうございます!…稀勢の里の12勝は立派、直前3場所で38勝、個人的にはもう横綱に挙げてもいいような気もしますが…

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20160724-1.html


・【平成28年大相撲秋場所・十四日目速報】豪栄道関、「涙の」初優勝、おめでとうございます!…5敗目を喫した稀勢の里は何を思う?

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20160924-1.html


・【平成28年大相撲九州場所・千秋楽速報】稀勢の里、単独で「年間最多勝」は、この一年間、最も安定して強かったということです…今からでも遅くない、横綱にしてやれないか、「内規」を超えた存在なのだから

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20161127-1.html


・【平成29年大相撲初場所・十四日目速報】稀勢の里、ついに、ついに、ついに、涙の初優勝…横綱昇進がかかる、明日の白鵬戦もある、表情を緩めなかったのは立派でした!

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20170121-1.html


・【平成29年大相撲初場所・千秋楽速報】稀勢の里の「男の涙」に、もうダメだ、男の私ももらい泣きですよ…白鵬戦も勝って、14勝1敗、横綱昇進は文句なしでしょう

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20170122-1.html


・【平成29年大相撲春場所・十三日目速報】稀勢の里のあんなに痛がる表情は見たことがない、明日は出場も厳しいかもしれません・・・照ノ富士は、外四つ、一枚まわしで鶴竜を豪快に寄り切り、逆転優勝はほぼ確実でしょう

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20170324-1.html


・【平成29年大相撲春場所・千秋楽速報】稀勢の里が、あの「貴乃花」になった瞬間を見た気がしたのは私だけではないでしょう・・・「君が代」斉唱の途中で号泣の稀勢、相撲史に残る一日となったと言っても過言ではないですよ、今日は

http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20170326-1.html


*******************************************

・・・以上、にしておきましょう。

他にも数えきれないくらい稀勢の里に
ついては書き続けてきましたが、もう
キリがない。

思えば、2011年頃に書いていた記事は、
自分で振り返るのが恥ずかしいくらい、
内容も「チャチ」で、忸怩たる思いも
ありますが、あえて掲載させて頂き
ました。

2度目の優勝時の記事のリンクも貼らせて
頂きましたが、あれが稀勢の里の相撲人生
でも最大のピークだと思えば、載せない
わけにはいきませんでした。

わずか2年ほど前のことですがね。

しかし、こんなに書いていたんです
なあ・・・。

過去記事の掲載は11に留めましたが、
タグの付いた記事は600近く書いて
います。

それぞれに思い入れのある記事が
多いですが、個人的には初優勝時が
最も力を込めて書いたような記憶が
あります。

「ついに、ついに、ついに」と、
「ついに」を3回もタイトルに入れて
しまうくらいでしたから・・・。

引退しても稀勢の里人気は衰える
気配は全くなく、今日も私の購入
したサンケイスポーツでは一面を
飾りました。

しばらくは「稀勢の里ロス」になる
かもしれませんが、今場所も明日、
中日を迎えます。

稀勢の里について、しばらくは引き
ずるかもしれませんが、今場所の
【速報】も遅ればせながら、徐々に
力を入れて書いていきたいと思います。

どうぞ、ご期待下さい!




*「稀勢の里グッズ」も少なくなって
きました。↓









posted by あらやまはじめ at 00:25| 神奈川 ☀| Comment(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村