2018年07月08日

【平成30年大相撲名古屋場所・初日速報】新大関の栃ノ心は、勢を全く寄せ付けず、「横綱相撲」でしたね・・・白鵬はまた立ち合い、張り差しですか、それでも玉鷲に苦戦ですから、見苦しいったらありゃしない

待ちに待っていた大相撲名古屋場所が
いよいよ今日から始まりました。

本来であれば、昨日までの時点で、
【今場所の展望】を当ブログで読者の
皆様にお知らせするのが「恒例行事」
なわけですが、なにかとバタバタして
おり、昨日は書けず、失礼いたしました。

本場所中の【速報】は毎日やります。

やる予定です!

できない日もあるかもしれませんが・・・。

できる日は、最優先でお届けします。

少なくとも土日はそれなりに早い
段階でできると思います。

あと、今週は水曜日も。

どうぞ、今場所も一つ、よろしく
お願いいたします!

さて、今場所の最大の見どころが
新大関の栃ノ心にあるのは衆目の
一致するところでしょう。

その栃ノ心の一番から振り返って
いきましょうか。

初日の対戦相手は、場所前に女子
プロゴルファーの比嘉真美子との
婚約を発表した勢。

仕切りの時の勢を見ていて、「おや、
少し顔がふっくらしたか?」と思った
のは私だけではあるまい。

俗にいう「幸せ太り」というもの
でしょう。

まあ、いいことです。

「お幸せに」と改めて祝福したい。

さて、土俵に戻って、立ち合いです。

右の相四つの両者。

栃ノ心にとっては、やりやすかった
のではないでしょうか。

すぐに右を差すと、左上手もがっちり
と引いてね。

この形になると、先々場所、初優勝を
飾った時から、栃ノ心は負けません。

今日も、勢を全く寄せ付けず、そのまま
寄り切りました。

取組後、NHKの大相撲中継では特別に
栃ノ心をインタビュールームに呼んで、
「新大関の初勝利」を祝福しましたが、
こういうのって、前からありましたっけ?

「初日に勝った場合に限って」という
ことでしょうか?

まあ、ケチをつけるようなことでは
全くなく、むしろ、「微笑ましい」と
思いましたがね。

栃ノ心の場合、「右四つ、左上手」の
形になると、大関というよりは、既に
「横綱相撲」の域に達していまして、
だからこそ、今場所も優勝候補の筆頭
になるであろうと私は見ています。

ケガだけですよ、気をつけるべきは。

上位陣では、豪栄道が正代に敗れました。

先場所以前から私は当ブログで書いて
いますが、豪栄道はカド番の度に8勝
7敗を繰り返すくらいなら、一度大関
から陥落させるべきです。

というか、「カド番を迎えるのが5回に
なったら、自動的に大関陥落」とか、
ルールを変更すべき時に来ていますよ。

先場所、いや、先々場所あたりから
幕内の中だけでも、「地殻変動」とも
呼べる新陳代謝が急激に行われている
のが、現在の角界です。

そんな中で、「情けをかける」かの
ように、豪栄道のようなロートルを
いつまでも大関に置いておくのは、
角界のためにならない。

大関陥落のルールはもっと厳しく
すべきです。

「ロートル」と言えば、白鵬ももはや
そう呼ばれてもおかしくない年齢に
差し掛かってきました。

その白鵬の取組についても触れて
いきたいと思いますが・・・。

・・・やめときましょうか。

だって、また、立ち合いに、バカの
一つ覚えのように「張り差し」を
選択しては、見苦しい相撲を名古屋の
お客さんはおろか、全国の視聴者に
さらけ出してしまったからです。

もっとも、張り差しをしても、現在
の白鵬は苦戦します。

今日の対戦相手は玉鷲でしたが、
白鵬が左から張っていったものの、
玉鷲にもろ差しを許し、一度は土俵
際まで攻め立てられました。

玉鷲はもろ差しになった瞬間、
「よっしゃ!」と思って、一気に
前に出ましたが、そもそも押し相撲
の力士ですからねえ、白鵬に難なく
残され、右から逆転のすくい投げを
食ってしまった。

玉鷲にとっては悔いが残るでしょう。

でもねえ、来場所以降は、玉鷲だって
あの形になることがあれば、少しは
慎重になるはず。

勝てる日はそう遠くないですよ。

最後に、関脇の逸ノ城の相撲について
一言。

どこか、悪いんですかねえ?

今日の対戦相手は千代の国でしたが、
立ち合い、逸ノ城は立ち遅れると、
千代の国にいい形を許し、土俵際に
攻められる前に力を抜いてしまい
ました。

関脇力士の取る相撲ではありません。

ここ数場所、好成績を残してきた
逸ノ城ですが、今場所はちょっと
苦戦するかもしれませんね。

悪い箇所があるのであれば、早めに
治療した方が身のためです。

今日はこの辺で・・・。



*大相撲の月刊誌もすべて、栃ノ心が
表紙ですよ、今場所は。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相撲 2018年 07月号 [雑誌]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/7/8時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポーツ報知大相撲ジャーナル 2018年 07月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/7/8時点)








posted by あらやまはじめ at 20:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 栃ノ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村