2018年01月03日

フジテレビONEの「大相撲いぶし銀列伝」の再放送かな、今日見た「藤ノ川」のけたぐりや二枚蹴りはすごかった!・・・今の力士はなぜ白鵬に仕掛けないのかねえ・・・

遅く起きた正月三が日最後の今日は、
フジテレビONEの「大相撲いぶし銀
列伝」の再放送を昼に見ました。

これ、以前にもちょっと見た記憶が
あるのですが、「藤ノ川」の特集
でした。

現・伊勢ノ海親方。

私にとって「藤ノ川」と聞くと、
学生横綱だった服部を思い出します。

昭和60年代ですなあ。

結果的に、服部は入幕後「藤ノ川」
に四股名を変えましたが、当初の
期待以上に大成はしませんでした。

・・・失礼、その藤ノ川と、今日特集
された「藤ノ川」の現役時代は全く
異なります。

伊勢ノ海親方の「藤ノ川」が活躍
したのは、昭和40年代前半。

私が生まれる前に活躍した力士です。

MCのやくみつるさんは「藤ノ川
ファン」だったそうですから、
世代が一回りくらい違うんですね。

しかし、初代「藤ノ川」の相撲には
正直、驚かされました。

何が凄いって、横綱相手にでも、
けたぐりや二枚蹴りを試みて成功
したという点がです。

二枚蹴りなんて、近年、私も見た
ことがない。

二枚蹴りとは、組んで正対した相手の
逆の足を蹴って前に倒す技ですが、
そもそも最近は足技を使う力士自体が
少なくなりましたからねえ。

今は亡き、時天空がやった記憶が
あるようなないような・・・。

けたぐりも同様です。

もっとも、けたぐりの場合、私が
高校生の頃だったか、三役だった
霧島が横綱の大乃国に立ち合い、
試みて成功したシーンはよく覚えて
います。

また、やはり時天空はけたぐりや、
組んでからのけたぐりとも言える
「けかえし」は何度かやっていた
記憶があります。

今日の藤ノ川の取組を見ていて、
つくづく、「なぜ今の力士は
白鵬にけたぐりを仕掛けない
のか」と疑問に思いました。

時天空以来いないでしょう。

白鵬にあのような足技を試みた
力士は?

私が思うに、「後々、目をつけ
られるのが嫌なんだろう」という
のが、力士たちの正直な気持ち
なのではと思います。

けたぐりという技を知らないわけは
ないんですから。

それこそ、初顔合わせから20何連敗
かしている栃ノ心あたりは、一度で
いい、ダメモトで白鵬にけたぐりを
試みるべきです。

何をやっても勝てないのなら、
一か八かのけたぐりを試みたって
いいじゃないですか。

横綱だからと言って、後々のことを
考えて「忖度」などする必要はあり
ません。

勝負ですから。

今日の藤ノ川のけたぐりや二枚蹴りは
むしろ現役力士に見てほしいなあ。

・・・いや、研究熱心な白鵬の方こそ
見ているかもしれません。

そういう意味では、もっと研究を
重ねてほしいですね、現役力士には。

私にとっても勉強になりましたよ、
今日の放送は。



*藤ノ川の相撲はコチラでどうぞ! ↓




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昭和の大横綱 大鵬 名勝負50選 【DVD】
価格:3349円(税込、送料別) (2018/1/3時点)








posted by あらやまはじめ at 22:38| 神奈川 | Comment(0) | 過去の名力士たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村