2018年01月17日

【平成30年大相撲初場所・三日目遅報】北勝富士に敗れた白鵬は、予想通り、途中休場もあり得ますよ・・・2敗目の稀勢の里は問題ない、左を差させなかった逸ノ城の方がうまかったですね

遅くなってしまいました。

昨晩、【速報】を書こうと思いつつ、
あまりの疲れにダウンしてしまい、
この時間の更新となってしまい
ました。

今晩は比較的早めに更新できるかと
思いますので、どうぞご期待を。

さて、昨日の三日目、簡単に振り
返ってみましょう。

まず、敗れた白鵬ですが、予想通りの
展開となってきました。

張り差し、「エルボー」を使えない
白鵬の現在の実力はこうだという
証左です。

昨日も北勝富士に先に中に入られ、
白鵬、たまらず引いてしまった。

結局、張り差しと「エルボー」を
使わなければ、「並の力士」なん
ですよ、もはや。

しかも、今場所は古傷の右足親指を
痛めているということですから、
予想通り、途中休場もあり得る
状態になってきました。

今日、明日の序盤の相撲次第では
即休場になるでしょう。

稀勢の里についても一言。

昨日は逸ノ城に敗れましたが、
これは逸ノ城が稀勢の里の左を
うまく封じた結果です。

逸ノ城を褒めるべきですね。

稀勢の里は先場所の序盤と比べれば
体自体は動けています。

だいぶ戻ってきていますよ。

休場が何場所も続きましたから、
相撲勘の問題でしょう、むしろ。

最後に、もう一人の横綱、鶴竜に
ついても一言。

私は驚いています。

序盤で負けが込めば、進退がかかる
今場所でしたが、状態は「絶好調」
というところじゃないですか。

三日間の相撲を見る限り、ここ1年、
いや2年くらいを振り返っても、
今場所の状態が最もいいですよ、
鶴竜は。

やはり、先場所の時点で、ある程度
出られる状態だったのでしょう。

しかし、進退がかかっているだけに
万全を期した。

これが奏功した。

でも、まだ三日目が終わったばかり
ですからね。

鶴竜に関しては序盤はもちろん、
中盤くらいまでは「進退がかかる」
という前提を忘れずに見ておいた
方がいいと思います。

もっとも、今の状態を後半戦にまで
持続できれば久々の優勝も狙えそうな
感じもしてきましたが。

・・・そういえば、照ノ富士が昨日から
休場となりましたが、理由は糖尿病
ですか?

「1週間程度の療養を要す」との診断
ですが、1週間で治りますかね、
糖尿病が?

もっと他の理由の方が大きいような
気がしますがね、照ノ富士に関して
言えば。

終盤から途中出場しても、来場所は
十両落ちが濃厚じゃないですか。

まあ、少し様子を見たいと思います。



*面白そうな本を見つけました。↓





posted by あらやまはじめ at 09:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | 北勝富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村