2017年12月25日

【速報】貴乃花親方、ついに今日相撲協会の聴取に応じましたが、おそらく処分は取るに足らないものになるでしょう・・・28日にまた臨時理事会を開くんですか、忙しいね、年末なのに

今日の夕方になって、思わぬ報道を
聞き、驚きました。

貴乃花親方がついに今日相撲協会の
聴取に応じたとのこと。

あれだけ相撲協会の聴取を断り続けて
きた貴乃花親方ですが、なぜ年末の
この時期になって、急遽聴取に応じる
こととなったのか?

どうも、貴乃花親方の動きは読みにくい
ですが、推測すれば「28日の臨時理事会
の前に一度聴取に応じておいた方が得策」
との判断を下したのではないでしょうか。

相撲協会からすれば、1月上旬に初場所の
初日を控え、ただでさえ忙しい。

年末が忙しいのは、どこの会社でもそう
ですが、相撲協会だって同じです。

この問題を越年したくないであろうことは
容易に想像できます。

だいたい、年末の28日に臨時理事会を
開催するなんて、聞いたことがない。

はっきり言って、相撲協会だって、
「年の暮れに面倒な仕事が続いて
迷惑な話だ」と半ば腐りかけている
ことでしょう。

親方衆だって、私の年齢前後の40代〜
50代のオヤジが多いんです。

「面倒な問題はさっさと片付けて、
新年を迎えよう」と思っているはず。

そんな中、越年必至と思われた貴乃花
親方への聴取が行われたということで、
親方衆の心理状態を考えれば「ホッと
した」というところでしょうか。

となると、貴乃花親方への処分だって、
「厳しくすれば、また世間からの反発を
受け、正月どころではなくなる」と思う
のは、親方衆だって人間ですからね、
おそらく処分は取るに足らないものに
なるのではないかと思います。

いや、処分自体ないかもしれない。

下手に処分すれば、それが「証拠」と
なって、年明けの理事選への影響も
避けられなくなる可能性があるから
です。

・・・まあ、これは私の予想というか、
推測ですので外れるかもしれません
がね。

ただ、「玉虫色の決着」になるのでは
ないかとは思います。

相撲協会は大きな処分は下せません。

なぜなら、基本、貴乃花親方の弟子の
貴ノ岩は「被害者」だからです。

この大原則から外れるような決定を
すれば、相撲協会は世間から袋叩きに
遭います。

28日の臨時理事会、注目しましょう。



*貴乃花の木版画、堂々としています。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木下大門『貴乃花 光司』木版画【送料無料】
価格:27000円(税込、送料無料) (2017/12/25時点)









posted by あらやまはじめ at 20:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村