2017年12月29日

貴乃花親方、「取材を受けたことはない」と、週刊文春と週刊新潮の「激白」を否定・・・さすがに訳が分からなくなってきました、文春と新潮の「願望」がそうさせてしまったのかなあ・・・

今日、私が購入した日刊スポーツは
一面から三面まで貴乃花親方の
「理事解任」についての記事が
満載でした。

その中で気になったのは三面に
載った次の見出し記事でした。

・週刊誌の「激白」 貴親方否定も


・・・昨日の当ブログでも触れたとおり、
昨日発売の週刊文春と週刊新潮に
貴乃花親方の「激白」記事が載った
ことについては、私も文春の記事を
読んだ上で、姉妹ブログの「ニュース
ブログ」で詳しく取り上げました。

(*コチラです。↓)

・今週の「週刊文春」の5ページ半に渡る「貴乃花激白」、実際に読んだら1ページに満たなかったですが・・・むしろ、鳥取城北高校の石浦外義監督が「暴行事件」の場に同席していたことの方がスクープじゃないですか

http://arayamanews.seesaa.net/article/455846588.html


ところが・・・。

貴乃花親方曰く、「取材を受けた
ことはない」と。

長年大相撲を見てきた下地がある
上で、私も連日のようにこの問題
について当ブログでは取り上げて
きたわけですが、さすがに訳が
分からなくなってきました。

ただ、記事をよくよく読めば、
危機管理委員会が貴乃花親方に
聴取したのが12月25日で、「取材
を受けたことはない」発言はその
時に発せられたものです。

文春も新潮も27日に発売。

25日の段階で貴乃花親方が否定を
しているわけですから、27日の
発売にはもう間に合わないでしょう。

もし、その直後に貴乃花親方が
「激白」をしたとしても。

貴乃花親方が嘘をついたのか、
文春と新潮の「願望」がそう
させてしまったのかは分かり
ませんが、「願望」が強かった
のかなあ・・・。

まあ、本当に分からないですね、
この辺の事情は。

文春は「掲載したとおり」、新潮は
「書いた通り」としか語っていません。

この件で貴乃花親方が「シロ」で
あったとしても、訴訟などはしない
かとは思いますが・・・。

後々、どう発展するか分かりません
からね、今回の記事も。

場合によっては、大事になりかね
ません。

全く、年の瀬までこの話題は世間を
賑わせていますが、あと2日で大晦日
という段階になっても続くとは夢にも
思っていませんでした。

大晦日までまだ何かありそうな気が
します。

落ち着いて年も越せませんなあ、
これでは。

大相撲ファンはね。



*「大相撲ジャーナル」の初場所展望号
でも読みましょう、正月は。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NHK大相撲ジャーナル増刊 初場所展望号 2018年 01月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2017/12/29時点)



posted by あらやまはじめ at 22:07| 神奈川 | Comment(0) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村