2017年11月30日

貴乃花親方がスポニチに語った「正々堂々相撲を取ることこそが親睦」に私は同意しますね…他の部屋の力士と酒席を共にするのは今後極力禁止の方向へ持っていくべきでしょう

今日も出先ですので、手短かに。

先程、スポニチのネットニュース
に貴乃花親方が語った発言が掲載
されていました。

今回の「日馬富士暴行事件」以後、
マスコミに語ったのはこれが
初めてです。

貴乃花親方はかつて、スポニチに
本場所中はコラムを書いていま
したし、懇意な記者がいるの
でしょう。

思えば、今回の暴行事件もスクープ
したのはスポニチでした。

その発言、非常に興味深く読み
ましたが、中でも注目すべき
発言がありました。

「親睦というなら、土俵の上で
正々堂々、相撲を取ることこそ
が親睦ではないのか」

現役時代から貴乃花親方は、
「相撲道」を追求すべく、
他の部屋の力士と酒席を共に
することは一度もなかった。

そういうストイックな姿勢こそ
我々相撲ファンに感動を与えて
は、引退後、10年以上経っても
「貴乃花は横綱らしい横綱だった」
と絶賛される所以です。

そんな横綱はいなくなって
しまった。

稀勢の里には近いものを感じます
が、休場中ですしね。

ましてや、手塩にかけて育てて
きたであろう弟子の貴ノ岩が、
親方に隠れて「モンゴル人力士会」
に参加しては、日馬富士から
暴行を受けたわけですから、
二重の苦しみ、怒りがあったで
あろうことは容易に想像できる。

今日の相撲協会の理事会に
貴乃花親方も出席するよう
ですが、ここでも「他の部屋の
力士と酒席を共にするのは今後
極力禁止の方向へ持っていくべき」
と訴えるのではないかと思います。

相撲協会を挙げて、そうすべきだ
と私は貴乃花親方に同意しますね。
先の発言も含めて。

今回、相撲とはかけ離れた話題が
多く取り上げられているように
見受けられます。

本来、相撲のことを最優先で
考えるべきなんですよ。

「土俵の充実」をね。

普段相撲をほとんど見ていない
ような人々が興味本意で「誰が
どうで、とういう性格で」などと
いう話題はどうでもいいことです。

今日の理事会、動きがあれば、
後程、改めて追記したいと
思います。

posted by あらやまはじめ at 11:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村