2017年09月30日

相撲協会の「本場所や巡業を休場する力士の行動に関する注意喚起」には大賛成・・・白鵬を指していることは間違いない、立ち合いの「エルボー」についても踏み込んでもらうよう、春日野親方には期待したいですね

今日は、久々に購入した報知新聞に
「妙義龍 結婚」の話題が載って
おり、明るい話題を当ブログでも
お伝えしようかと思っていました。

ですが、先程、Yahooニュースで
気になる話題を見つけましたので、
そちらについて少し触れたいと
思います。

相撲協会は先般、「本場所や巡業を
休場する力士の行動に関する注意
喚起」をしました。

ようは、「相撲協会の公式行事に参加
せず、プライベートでは出歩いている
のは、けしからん」ということです。

当然のことではありますが、相撲協会
の「組織の論理」に従わない力士が
いるからこそ、協会もこのような注意
喚起をしたわけですが、これが白鵬を
指していることは間違いありません。

本場所も休場し、来たる全日本力士
選士権も不参加であるにも関わらず、
白鵬は弟弟子の石浦の結婚式には
参加するという・・・。

これ、一般社会に当てはめれば、「会社
を長い間休んでいるのに、会社の後輩の
結婚式には参加する」という、下手したら
会社をクビになりかねないような行動です。

相撲協会が注意喚起するのは大賛成。

ようやく、相撲協会も一般社会に追い
ついたかと私は胸を撫で下ろしています。

この注意喚起を受けて、白鵬は急遽、
10月上旬の明治神宮での奉納土俵入り
とビヨンド2020場所に参加することを
発表し、それが今日のYahooニュースに
載ったということですが・・・。

白鵬、参加できるんじゃないか!

まあ、かわいい弟弟子の結婚式に出る
ために、「無理をして」奉納土俵入り
をしたり、巡業に出るのであれば、
「美徳」と思われるかもしれません。

ですが、無理をすれば参加できるの
であれば、最初から参加するのが
「綱の責任」ではないのか。

相撲協会に注意喚起を受けたから
参加するというのでは、「クビに
ならないと分からない若手社員」
と同じですよ。

まあ、年齢で言えば、白鵬もまだ
30代前半ですからねえ。

仕方がないのかもしれませんが・・・。

相撲協会は、今回の注意喚起をする
ことにより、「注意されれば、白鵬
だって組織の論理には従う」ことが
分かったはず。

一般社会なら当然ですが。

であれば、私が以前より当ブログでも
再三指摘しているとおり、立ち合いの
「エルボー」についても「禁じ手」に
すべきです。

というか、そもそも「エルボー」は
「禁じ手」として、初っ切りでも若手力士が
披露しては、お客さんを笑わせている。

「お笑い技」を、真剣な顔をして本場所
の土俵上で、しかも、結びの一番で
平気でやる白鵬をなぜ注意しないの
だろう?

もっと言えば、「立ち合いの張り手」も
「禁じ手」にすべきです。

相撲が見苦しくなる。

今回、注意喚起をしたのは春日野親方
ですが、その春日野親方は以前より
NHKの大相撲中継の解説の際に、
立ち合いの張り手については否定的な
意見を述べ続けています。

春日野親方なら、もっと踏み込める
んじゃないですか。

相撲協会は、かつてより、「土俵の
充実」を掲げています。

反則技や見苦しい技をやることに
よって、その「土俵の充実」は、
もはや「努力目標以下」となっては
いないか?

しかも、「大横綱」と呼ばれている
力士からして、反則技を率先して
やっている。

他の力士をケガさせても、平気でいる。

「自分さえ強ければそれでいい」と
思っている。

立ち合いの正常化は、急務ですよ。

これ以上、ケガ人が出てからでは
もう遅い。

春日野親方に先頭に立ってもらって、
一刻も早い「正常化」を願いたいと
思います。



*春日野親方、現役時代は「栃乃和歌」
でした。最近の親方、非常にいい味を
出しています。 ↓









posted by あらやまはじめ at 20:52| 神奈川 ☀| Comment(2) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村