2017年05月31日

【平成29年大相撲夏場所・総括・平幕編】遠藤は「取りこぼし」さえなければ、勝ち越せていたはず、来場所の大勝ちを期待したい・・・貴景勝、宇良、阿武咲の活躍は「新時代」の到来をますます予感させてくれました

今日の午前中に「大関・高安」が
正式に決定し、当ブログでも
【速報】でお伝えしました。

改めて、良かったと思いますね。

本場所では、土俵上はもちろん
ですが、殊勲インタビューでも
笑顔を見せることは全くない高安
ですが、今日だけは笑顔に次ぐ
笑顔でねえ、見ているこちらも
うれしくなりましたよ。

普段、笑顔を見せない分、「余程
うれしいのだろう」と思わせて
くれました。

名古屋場所では初優勝を狙って
獲ってほしいと思います。

さて、昨日、当ブログでは【総括・
三役編】をお届けしましたが、
今日は【平幕編】です。

前頭の筆頭から順に、気になった
力士について総括していきたいと
思います。

まず、西の筆頭の遠藤からですが・・・。

今場所も勝ち越せなかったですね。

初日に照ノ富士、四日目に稀勢の里を
破り、「体は動いている」と見ていました。

ですが、やっぱり、中盤戦以降は
「こわごわと相撲を取っている」
ように見えたのは、古傷の膝の状態
が悪くなってきたからなのかもしれ
ません。

「いつか、殻を破って大勝ちする」
力士だとかねてより遠藤に期待を
している私ですが、それが今場所に
なるかと思っていたら、今場所も
だめだった・・・。

あと一歩なんだよなあ・・・。

今場所は6勝9敗でしたが、「格下」
とも言える碧山と北勝富士に勝って
いれば、勝ち越せました。

結果論かもしれませんが。

「取りこぼし」さえなければ、
勝ち越せるはずなんですよ。

来場所も上位には留まるでしょう。

名古屋場所こそ、大勝ちを期待
したい。

今場所の幕内は東の筆頭から東の
五枚目まで9力士がすべて負け越し
ました。

それだけ三役以上の力士が好調
だったと言えますが、そんな中で
二桁を挙げた西の五枚目の正代は
さすがに「この位置なら」と
思わせる大器の片りんを見せ
つけてくれました。

なにより、十四日目に高安を
正攻法で破った一番は自信に
なるでしょう。

来場所は再び上位に上がって
きます。

そろそろ「欲」を見せてほしい
ですね。

いい体してるんだから。

西の七枚目の貴景勝と、西の十枚目
の宇良が共に11勝を挙げたのは
「新時代」を予感させてくれました。

特に、宇良が横綱大関陣と当たる
であろう地位まで上がってくる
のには「ワクワク感」があります。

宇良が、例えば、白鵬を相手に
どんな立ち合いをするのか。

それに対し、白鵬はどんな応酬を
するのか。

なにしろ、宇良は、立ち合い、
後ずさりすることもあります
からねえ。

白鵬は、本場所ではああいう
タイプの力士とは、少なくとも
ここ最近は対戦していないでしょう。

楽しみですよ。

最後に新入幕で二桁を挙げ、敢闘賞
にも輝いた阿武咲についても一言。

立派でしたね。

千秋楽では、先に名前の挙がった
貴景勝と対戦しました。

同じ20歳で、幼少の頃から相撲を
取ってきた二人。

こうして、幕内で戦う日が来ると
いうのは、これも「新時代」の
到来をますます予感させてくれ
ました。

来場所はもちろんですが、今年が
終わる九州場所の頃には、勢力図
がガラッと変わっているんじゃ
ないですか。

幕内上位に関してはね。

一つの象徴は、東十五枚目の妙義龍
が4勝11敗と大敗し、来場所、十両に
陥落することがほぼ決定という事実です。

今場所の妙義龍の相撲、私は全く
見ることができませんでしたが、
「あの妙義龍が?」と思いましたよ。

数年前までは三役の常連で、横綱
大関陣を破ることも珍しくなかった
妙義龍。

ケガをしたということもありますが、
ここまで落ちてしまうとは・・・。

でも、これが「新陳代謝」なのかも
しれません。

妙義龍には気の毒な話ですがね。

・・・【総括・平幕編】はこのくらいに
したいと思います。

高安の大関昇進決定により、まだ
まだ角界のニュースは途切れること
はしばらくないでしょう。

ということは、当ブログでも記事が
しばらくは減ることがないという
ことでもあります。

好きな相撲の記事がいつもあるのは、
うれしい限り。

高安の記事が多くなるかもしれません
が、引き続き、ハイペースで記事を
お届けできればと思っています。


*明日発売の「大相撲ジャーナル」、
表紙はこれです。↓







posted by あらやまはじめ at 21:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村