2016年11月29日

【平成28年大相撲九州場所・総括・平幕編】結果的には負け越した遠藤でしたが、進化した姿を見せてくれたのは、来年に向けての吉報です・・・11勝の正代は、もはや「次期大関候補」と呼んで差し支えないくらい、相撲が安定してきました

さて、今日は【総括・平幕編】です。

上から順に述べていきたいと思います。

東前頭3枚目の遠藤は、復活どころか、
「進化」しましたね、今場所は。

序盤、3日連続で大関陣を破り、
6日目には、白鵬に初めて勝った。

しかも、正攻法の相撲で。

長らく、ケガに苦しんできた遠藤
でしたが、今場所の様子を見れば、
「ケガの心配は、もうほとんどなく
なった」と言っていいでしょう。

ただ、体が動いていた前半戦と比べ、
後半戦は一方的に負けるケースが
目立ちました。

やはり、疲れがたまる後半戦は、
ケガを怖れていたのでしょう、
恐る恐る相撲を取っていたように
見えましたね。

結果的には、千秋楽に負け越しが
決まってしまいましたが、今場所は
これで十分だと私は思います。

また無理してケガをしてしまったら、
今度こそ再起不能になりかねない。

予想以上の進化を見せてくれた遠藤。

来年に向けての吉報と言っていい
でしょう。

西の3枚目、正代は遠藤ほど上位陣
との対決はありませんでしたが、
それでも稀勢の里を破るなどで、
11勝。

ここ数場所で、この力士は急速に
力を付けてきましたね。

体が大きい割には、器用なんです
よね、正代という力士は。

四つ相撲の力士ではあるのですが、
稀勢の里戦で見せたように、右から
おっつけて、相手を慌てさせてから、
押し出したりしてね。

相撲がどっしり、安定してきましたよ。

昨日当ブログでも触れた玉鷲同様、
来場所は関脇に昇進することが
確実であろう正代は、「次期大関
候補」と呼んで差し支えはないと
思います。

怖いのは、遠藤、あるいは照ノ富士
らと同様、ケガだけです。

そのためにも、これ以上体を大きく
しない方がいいかもしれません。

今くらいの体格で十分です。

下位力士では、何と言っても石浦
でしたが、私はほとんど見ていま
せんので、なんとも言えません。

何番かVTRで見た相撲では、「体が
小さい割には、動きも攻めも早い」
という印象を受けましたが、終盤、
上位経験力士と当たって4連敗を
喫したところを見れば、「これから
の力士」のように思います。

最後に、十両優勝した佐藤について
一言。

西十両3枚目で12勝なら、来場所は
新入幕確実でしょう。

しかし、いつまで「佐藤」のままで
相撲を取るのでしょうか。

そろそろ、新しい四股名を与えて
やるべきだと思いますが・・・。

逆に難しいのかなあ。

佐藤は、下の名前も「貴信」と、
貴乃花部屋の力士には多い「貴」
の一文字が入っていますからねえ。

「貴信」を四股名にするという
のもどうかと思いますし・・・。

もう少し強くなってからかなあ。

来場所、幕内に上がってくる佐藤
の相撲にも注目したいと思います。

・・・最後の最後にもう一つ。

スポーツ紙をチェックしていて、
三段目優勝が、元小結の常幸龍で
あることが分かりました。

そうか・・・そこまで落ちてしまい
ましたか。

一言、「公傷制度の復活」をもう
一度、相撲協会は真剣に考える時
ですよ。

これでは、かわいそうすぎる。



*「月刊相撲」の12月号は、明後日
発売です。↓




posted by あらやまはじめ at 14:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村