2016年10月31日

【平成28年大相撲九州場所・番付発表】東の3枚目に大躍進した遠藤、どこまで相撲が戻っているのか、最大の注目ですね・・・新入幕の石浦、新十両の小柳(おやなぎ)の相撲にも期待したい

早いもので、一年納めの九州場所の
番付が本日発表されました。

三役の顔ぶれは、先場所の成績を
考えれば、ほぼ順当と言っていいと
思います。

御嶽海は東の小結ですか。

初の三役、頑張ってほしいですね。

私が最も注目したのは、東の3枚目に
大躍進した遠藤です。

先場所、東の14枚目で13勝を挙げた
遠藤ですが、番付を11枚も上げて
きました。

なんぼ、幕内下位とはいえ、13勝は
そうそう挙げられる数字ではあり
ません。

その相撲がどこまで戻ってきている
のか。

先場所同様の相撲が取れれば、
勝ち越して、場所後に初の三役も
見えてくる位置です。

なにより、横綱大関陣とどこまで
相撲が取れるのか、ここですね、
私の今場所最大の注目点は。

元々、相撲がうまい力士ではあります。

1番でも2番でも上位陣に勝てれば、
勝ち越しも見えてくるでしょう。

期待したいと思います。

幕内下位に目をやれば、石浦が
東の15枚目に上がってきました。

新入幕です。

この石浦は、白鵬がいる宮城野部屋
の力士で、以前から私も折に触れて
注目してきましたが、ついに幕内で
その相撲が見られるというのは嬉しい。

小兵力士ですから、勝ち越すのは
難しいかもしれませんが、とにかく、
暴れまわってほしいですね。

やっぱり、小兵力士を見たいですよ、
一相撲ファンとしては。

願わくば、上位に上がってきてほしい
ところではありますが、一歩一歩、
段階を踏んで、実力を付けてほしいと
思います。

十両についても一言。

西の12枚目の小柳(おやなぎ)は、
今年の春場所、三段目つけ出しで
デビューしましたが、所要5場所目で
新十両のスピード出世です。

こういう若い力には、やっぱり目が
行くものでして、「どこまで通用する
のか」、これは注目したい。

先の石浦とは異なり、アンコ型の
力士で、突き押し相撲に威力がある
ことは私も聞いています。

十両には、小柳に限らず、宇良や佐藤
など、若手の有望な力士が多いだけ
ではなく、ベテランの安美錦あたりも
いて、幕内同様、いや、それ以上に
「華やか」かもしれませんね、今場所は。

私にとっては、なかなか見られない
十両の土俵ではありますが、なんとか
今場所は少しはチェックできるように
したいと思っています。

九州場所の初日は11月13日。

あと2週間。

その間にも、随時、九州場所に向けて
の話題を当ブログでは掲載していき
たいと思います。

こちらも、どうぞ、お楽しみに!


*人気者の遠藤、たまには、こういう
グッズも紹介しておきましょう。↓






posted by あらやまはじめ at 14:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村