2016年09月30日

今週の「FRIDAY(フライデー)」に掲載された「服部桜(はっとりざくら)」は気になりましたね・・・自爆相撲? しかし、67キロではねえ、もっと太らなきゃ

いつもは金曜日に発売の「FRIDAY」
ですが、今週は昨日(木曜日)に発売
されました。

(*今週の「FRIDAY」です。↓)




豪栄道の初優勝もあったことから、
秋場所後に発売される雑誌には
相撲関連の記事が多く見受けられ、
相撲ファンとしてはうれしい限り
ですが、今週の「FRIDAY」に載って
いた記事は、ちょっと毛色が変わって
いました。

見出しは、表紙の一番下にも掲載
されていますが、こうです。

・全勝V豪栄道より注目 服部桜の
「笑撃!自爆相撲」


・・・自爆相撲?

記事を読めば、この服部桜(はっとり
ざくら)なる力士は、昨年9月に
デビューしたばかりの18歳だそう
ですが、先の秋場所で、大きな相手
に当たるのが嫌で、立ち合い、自分
から転んでしまったそうな。

これ、行司が仕切り直しを求めました。

二度目の立ち合い、今度は服部桜、
相手の股下を目がけて、「ダイブ」。

これも仕切り直し。

三度目の立ち合い、服部桜、今度は
当たる前に自分から後ろに倒れて
しまった。

やはり、仕切り直し。

四度目の立ち合い、やっと組み合うも、
あっさりと負けてしまったと・・・。

こういうことをする力士、聞いたことが
ないですねえ。

いくら序ノ口であっても。

この相撲、協会から「無気力相撲」と
受け止められ、服部桜の師匠、元
北桜の式秀親方は厳重注意を受けた
ようですが・・・。

正直言って、厳しいでしょう、この力士は。

ここまで通算成績が1勝40敗というのも
そうですが、1年経って、体重が67キロ
から全く増えていないという点が、私は
気になります。

18歳と若いとはいえ、1年も相撲部屋に
いて、毎日稽古して、一般人よりは
間違いなく食べているわけです。

それで太らないというのは、「太れ
ない体質」なのかもしれません。

式秀親方も、元々、服部桜には「呼び
出しか行司になれ」と勧めていたよう
ですが、本人の強い希望で力士に
なったと。

まあ、力士不足に悩む角界にとっては
ありがたい話ではあるんですがね。

こういうことが全国誌の話題になる
ようでは、先行きが実に不安です。

これで名前が売れて、声援も増えれば、
人気は出るのかもしれませんが、まずは
もっと太らなきゃ。

早く100キロくらいの体重にならないと、
上には上がれませんよ。

なにしろ、中年の私よりも痩せている
ようでは、相撲界では話になりません。

どんどん稽古をして、どんどん食べて、
どんどん寝て。

それで太れなければ、まだ18歳でしょう、
早めに見切りをつけるという手もあります。

ですが、まずは、もう少しやってみよう。

一大決心をして角界に入門したわけ
ですからね。

こうして、全国誌に取り上げられる
のは、それはそれで「一つの才能」
でもある。

来場所以降の服部桜、私も注目して
いきたいと思います。


*今週の「FRIDAY」、電子書籍でも
読めますよ。↓



posted by あらやまはじめ at 15:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 服部桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村