2016年06月27日

【平成28年大相撲名古屋場所・番付発表】東筆頭の御嶽海は、新三役に上げても良かった・・・西6枚目まで戻ってきた遠藤は、以前のような相撲が取れるのか・・・安美錦は?

7月10日初日の大相撲名古屋場所の
新番付が本日発表されました。

今場所の注目は稀勢の里の綱とり
であることは論を待ちませんが、
その話題については後日、【展望】
を書く際に触れたいと思います。

番付自体は、変わらないわけです
からね、稀勢の里は。

上位陣では、予想どおり、魁聖と
栃ノ心が新関脇に昇進しました。

問題は小結です。

先場所東関脇で7勝8敗の琴勇輝が
東の小結に陥落したことは仕方が
ないとして、西小結の高安、この
番付はどうか?

先場所西5枚目で9勝6敗ですから、
上がる資格はあると言っていい
ですが、私が審判部であれば、
西8枚目で11勝を挙げた御嶽海を
西小結に上げたいところです。

新番付というものは、来たる場所
への「前準備」です。

力士にとってもそうですし、ファン
にとってもそう。

特にファンからすれば、番付には
常に「新鮮味」が求められます。

新鮮味がなければ、ニュースにすら
ならない。

高安には失礼かもしれませんが、
御嶽海が新三役に抜擢されれば、
間違いなくそれはニュースになり
ます。

こういう視点からも新番付という
ものを考えてもらいたいですね、
審判部には。

西6枚目には遠藤が戻ってきました。

この位置まで上がってくるのは久々
ですが、先場所の後半あたりは、
だいぶ相撲が戻ってきた感があり
ました。

ヒザのケガに悩まされ続け、手術も
しなかったが故、治癒までにかなり
回り道をしましたが、まだ完全では
ありません。

今場所、以前のような相撲が取れる
のか。

個人的には期待したいものです。

もう一人、西の13枚目まで落ちて
しまった安美錦についても一言。

ケガの状態はどうなんですかね?

スポーツ紙を毎日チェックしては
いますが、とんと聞きません。

今場所出られるのかも分かりません
が、状態が悪ければ、無理をして
出る必要はないと思います。

十両に落ちようが、幕下に落ちよう
が、安美錦の相撲を見たいお客さん
はたくさんいます。

不完全な状態で出場して、再起不能
になってしまっては、元も子もあり
ません。

まずは、じっくり治して、ある程度
の状態に戻ってからでも遅くはない。

次やったら、即引退ですよ。

無理だけはしないでもらいたいもの
です。



*興味深い一冊です。↓

世界初の相撲の技術の教科書 [ 桑森真介 ]
価格:1944円(税込、送料無料)


posted by あらやまはじめ at 13:09| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村