2015年10月26日

【平成27年大相撲九州場所・番付発表速報】新入幕の御嶽海は西の11枚目ですか、楽しみです…白鵬と照ノ富士が休場明けでどれだけ相撲が取れるのか、優勝争いはまた混沌となるでしょう

大相撲九州場所の新番付が今日
発表されました。

上から見ていけば、だいたい予想
どおりの並びとなりましたね。

それにしても、先場所、小結で勝ち
越した栃ノ心あたりは、昔なら
「張出関脇」だったでしょう。

いつからなくなったのかなあ、
張出関脇は。

もっと、弾力性を持たせてもいい
と思うんですがねえ、番付にも。

さて、九州場所の一つの見所は、
幕内下位の力士にあることをまずは
指摘しておきましょうか。

新入幕の御嶽海が、西前頭11枚目に
上がってきました。

この力士には、注目したいですね。

スピード出世で一気に幕内に上がり
ましたが、果たしてどこまで通用する
のか。

昨年秋場所の逸ノ城のような、
とてつもない活躍をする可能性
だってないわけではないでしょう。

期待したいと思いますね。

また、優勝争いという観点から
見れば、九州場所はちょっと、
現時点では全く予想がつきません。

途中休場した白鵬、さらには、終盤
ケガをした照ノ富士も、秋巡業には
途中から復帰しましたが、本場所で
どこまで相撲が取れるのか?

彼らの相撲次第では、九州場所の
優勝争いも混沌とすることが予想
されます。

また、すっかり影が薄くなって
しまった日馬富士も、動静があまり
聞こえてきません。

となると、九州場所も鶴竜を中心に
優勝争いが繰り広げられるかと言えば、
そんなこともないでしょう。

先場所終盤は、古傷が痛み始め、
立ち会いの変化を余儀なくされた。

となると、嫌でも名前が上がってくる
のが稀勢の里ですが、もう、名前を
挙げることはやめましょう、この力士は。

案外、伏兵が活躍するんじゃあない
ですか。

嘉風とかね。

九州場所初日まで、あと二週間あり
ます。

この間にも、いろいろと動きがある
であろうことは間違いない。

それによって、優勝争いも一気に
変わってきます。

当ブログでは、引き続き、細かく
チェックしていきたいと思います。




posted by あらやまはじめ at 18:56| 神奈川 ☀ | TrackBack(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村