2015年09月30日

【平成27年大相撲秋場所・総括・平幕編】嘉風に尽きますよ、嘉風に!…明日はニッポン放送の昼の番組「ラジオビバリーヒルズ」にまで出演ですよ、「時の人」ですな、もはや

嘉風。

この力士に尽きますね。

秋場所の【総括】、今日は【平幕編】
ですが、もう、この人以外には浮かば
ないくらいに、今場所は「嘉風場所」
でした。

何より、二日目に白鵬を破っては、
結果的には横綱を休場に追い込んだ。

これにより、この秋場所は混沌とした
わけですよ。

三日目には、一人横綱となった鶴竜を
破り、場所の行方をますます分から
なくさせた。

秋場所の優勝争いは、この嘉風の働きに
によって激変したと言っていい。

場所の行く末を変えた力士。

最大限の称賛を送りたいですね。

11勝4敗。

終わってみれば、優勝した鶴竜と1差
ですよ。

この嘉風、もはや「時の人」でしてね。

明日は、私も愛聴しているニッポン放送
の昼の番組「ラジオビバリーヒルズ」に
出演です。

私は所用で聞けませんが、聞ける方には
ぜひ聞いて頂きたいですね。

さて、その嘉風から、平幕力士では
唯一の白星を奪ったのが、東2枚目の
大砂嵐です。

大砂嵐は、取り口が完全に変わりました
ね。

荒削りであることに変わりはないのです
が、立ち合い、突き放すようになりました。

これ、私は正解だと思います。

突き放して、組んでからも、何をしてくるか
分からないのは、上位陣にとっては脅威
でしょう。

勝ち越したのだから、敢闘賞を上げても
良かったと思いますよ、この力士には。

東四枚目の逸ノ城についても触れて
おきましょうか。

この力士も、久々に存在感を発揮したと
言っていいでしょう。

しかしねえ、まだまだ、当初の予想を
超えるような動きからは程遠いとも
言えます。

とりあえず、稽古をやることでしょう。

がむしゃらに稽古をする。

それによって、見えてくるものがあると
思います。

先輩の照ノ富士のようにね。

東七枚目の遠藤についても一言。

私は時間の関係もあり、遠藤の取組は
半分くらいしか見ていませんが、やはり
まだ膝を庇ったような相撲が見受けられ
ました。

これ、言い換えれば、「恐る恐る相撲を
取っている」とでも言いましょうか。

しかし、本来のうまさでそこをカバー
して勝ち越したのは立派です。

来場所は、いよいよ上位陣とも当たる
でしょう。

それまでに、膝がどんどん回復して
くれることを願うばかりですよ。

回復次第では、「大爆発」の可能性
だってある。

さて、最後に、東十二枚目で敢闘賞を
受賞した勢についても一言触れない
わけにはいきません。

嘉風と並んで、「今場所の主役」の
一人と言って間違いはないでしょう。

ケガも癒えて、来場所は上位でどんな
相撲を取るのか、早く見たいものです。

平幕はこの辺にして、最後の最後に
十両力士についても一言。

私は十両の取組はほとんど見ていません
が、御嶽海は西の五枚目で12勝を挙げ
ましたから、来場所は新入幕が予想され
ます。

こういう若手がねえ、どんどん入幕して
くれることを祈りますよ。

幕下では、私が姉妹ブログの「神奈川・
川崎ブログ」で取り上げた、神奈川県
平塚市出身力士の朝弁慶が来場所の
新十両を決めて、今日の日刊スポーツ
では大きく取り上げられていました。

こちらも、神奈川県に住んで10数年の
私にとっては初めての「郷土力士」です。

来場所も見どころはたっぷりあります。

平幕下位と十両の取組も見る機会が
増えることは間違いないでしょう。

【総括・平幕編】はこのくらいにしたい
と思います。

今日の夕方、傷害で逮捕された熊ヶ谷親方
が解雇されました。

こちらのニュースについてもいろいろと
言いたいことがありますが、今日は長く
なりましたので、明日触れたいと思います。



*「月刊相撲」10月号、発売されました! ↓


posted by あらやまはじめ at 19:22| 神奈川 ☁ | TrackBack(0) | 嘉風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村