2015年04月04日

日馬富士の「大学院一年休学」、私は歓迎したいですね…まずは、優勝でしょう

今日、私が購入したスポニチに、日馬
富士が大学院を一年間休学するという
記事が載っていました。

私は、昨年、日馬が大学院に入学すると
聞いたときに、「こういう横綱像も
あるのか」と思いつつ、歓迎しては、
「だんだん、この横綱が好きになって
きた」と当ブログで書きました。

相撲取り、ましてや、横綱に学問が
果たしているのか、という問いもある
かもしれませんが、私はいまだに日馬
の決断については賛成です。

「相撲バカ」では困ります。

いや、「相撲バカ」でもいいのですが、
尊敬の対象になりうる横綱が「バカ」
であっては、やっぱり尊敬できなく
なるのは、世の常でしてね。

揶揄されるような横綱はいらない、
ましてや、きちんと教育できるような 
親方が、現在の角界にどれだけいる
のか?

それを考えれば、日馬は非常に「まとも」
と言っていいと思いますよ。

しかし、ここ一年半、日馬は優勝から
遠ざかっています。

この数場所、日馬の体の動きはいいと、
当ブログでも何度も指摘をしてきました。

ですが、動きは良くとも、優勝できない
のでは、横綱としては、忸怩たる思いも
あるはず。

そもそも、優勝できなくなったら、横綱
は引退するという宿命を背負っています。

ようやく、日馬もこの現状に気付いたの
でしょう。

とにかく、「ポカ」をなくすことです
よ、日馬は。

動きが良すぎて墓穴を掘っている。 

軽量なだけに、動かなくては活路を
見出だせないのは分かりますが、
横綱なんだから、もう少し、落ち着い
てもいいのではないか。

大関時代の相撲をまだ取っている感が
どうしても消えない。

今回、日馬は大きな決断をしました。

これが、相撲にどういう影響を与える
のか?

来場所の日馬、ちょっと注目したいと
思いますね。
posted by あらやまはじめ at 21:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村