2015年02月28日

白鵬、今度は出稽古先の湊部屋で、勝手に報道陣を締め出し…謝る湊親方を横綱はどう見たのか、感想を聞きたい、というか、言わなきゃタメですよ

今日のサンケイスポーツの相撲欄に
白鵬の記事が載っていました。

これが、また、ひどい。

逸ノ城が在籍する湊部屋に出稽古に
行ったのはいい。

問題は、見学者らのシャッター音に
白鵬がイラついて、一部を除く
報道陣やカメラマンを退室させ、
開いていた窓から稽古を見ていた
報道陣を、窓を閉めることにより、
「締め出し」たことです。

横綱は何を目指しているんだろう?

稽古後、湊親方からコメントが
出されました。

「報道陣の皆様に申し訳ない」

これを、白鵬はどう見たのか、教えて
ほしい。

あなたの記録を伸ばすための相撲界
じゃないんですよ、横綱。

ファンがいて、興行が成り立つという
原点を忘れたのか?

無観客の技量審査場所で、賜杯を抱けず、
涙を流した横綱。

あれは、ファンのためではなかった
のか?

自分のための涙だったのか?

私は先般、当ブログで「白鵬は廃業
させるしかない」と語りました。

今回の一件で、ますますその意を
強くしました。

ファン不在の態度を取る横綱は、
もはや「横綱」ではない。

何を目指しているのか、もはや全く
分からない。

そんな横綱は、いらない。

これ、相撲協会も、横綱審議委員会も
黙して語らないのが、私は理解できない。

気は熟しました。

白鵬には「廃業勧告」すべきです。

こんな態度を取り続ける横綱は、
百害あって一理ありません。

33回優勝の記録を達成したんだ。

それを花道に、自発的に引退することを
私は強烈に思っています。

引退しないなら、協会なり横審なりが
「廃業勧告」をする。

それしかない。

放っておけば、ますます増長しますよ。

このような態度を取り続ける横綱は、
「横綱」を語る資格はない。

これまで、当ブログでも、何度も何度も
賞賛してきた白鵬が、なぜこんなことに
なってしまったのか?

本当に残念でならない。

ですが、もう、看過できない。

こんな横綱はいらない。

角界にとって、もはや、迷惑以外の
何物でもない。

春場所前に、廃業、もしくは自発的な
引退を私は強く申し入れたい。

もう、白鵬の存在を誰も有難がらない。

いくら強くても、誰も尊敬しない。

こういう男だったのか、白鵬という
横綱は?

長年相撲を見てきた私も「見る目が
なかった」と反省しています。




posted by あらやまはじめ at 20:56| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村