2014年05月22日

【やや速報】白鵬は、稀勢の里に圧勝するわ、結びの一番で物言いをつけては行司差し違えにするわ・・・名実共に、角界のリーダーにふさわしいですよ

改めて言いましょう。

白鵬は、大横綱であると共に、現在の
角界の押しも押されぬリーダーである
ということを。

これはねえ、その相撲内容だけでは
ないですよ。

外から相撲を見たときにも、行司は
おろか、審判団も気が付かないことを
指摘してみせては、行司差し違えに
導く洞察力もある。

これほどの横綱がかつていたでしょうか?

まずは、稀勢の里との一番を振り返って
みましょうか。

これねえ、稀勢の里は、二回もつっかけた。

この時点でアウトです。

通常、稀勢の里は、立ち合い、なかなか
立たないことで有名ですが、今日に関して
言えば、立ち合いを急ぎ過ぎた。

三度目の立ち合いは、さすがに合わせよう
としたのでしょう。

完全に立ち遅れ。

話にならない。

横綱対大関の相撲ではありませんでした。

プレッシャーがかかるとやはりこうなる、
という典型のような相撲を取った、というか、
立ち合いを見せた稀勢の里に勝てる要素は
全くありませんでした。

私が刮目したのは、その後の鶴竜対
豪栄道の一番ですよ。

これは、私も先程録画で見ていて、
豪栄道の完勝に思えましたが、土俵下
でたった一人、勝ち残りの白鵬が手を
挙げては、物言いをつけた。

「えっ」と思いましたよ。

しかしねえ、VTRで改めて見れば、
豪栄道は鶴竜をはたくときに、まげを
つかんでいた。

問題は、豪栄道が鶴竜のまげをつかんだ
ときに、鶴竜は既に体勢を崩しており、
私は「体勢を崩され、まげをつかむ前に
鶴竜は負けていた」と思い、軍配通り
豪栄道の勝ちだと思いましたが、結果
を聞けば、行司差し違えで鶴竜が勝った。

これは微妙でした。

スローで改めて見れば、豪栄道が鶴竜の
まげをつかむと同時に、鶴竜が体勢を
崩しているようにも見える。

審判団も難しい判断を迫られましたが、
行司差し違えとなったのは、私が思うに、
「白鵬が手を挙げたのだから」という
のが、実は大きかったのではないか。

実際に相撲を取っている力士、まして、
大横綱が手を挙げては、物言いをした。

私は白鵬が自ら手を挙げて物言いを
したのを初めて見ました。

というか、貴ノ浪以来じゃあないですか、
控えの力士が物言いで手を挙げたのは。

まあ、審判団も現役力士の直感を優先
したのでしょう。

親方衆は、あくまでも審判ですからね。

そう思えば、鶴竜は白鵬の「物言い」の
おかげで勝ちを拾ったということになる。

まあ、名実共に、白鵬が角界のリーダー
であることを、図らずも証明した一番と
なりました。

さあ、これで、もう白鵬の優勝は決まり
かな。

日馬富士がどう戦うか。

ここを乗り越えれば、白鵬の29回目の優勝
は濃厚でしょう。

というか、もう確定的だと思います。

・・・ちなみに、明日は、荻窪えきさんの
舞台を見に行きますので、スマホで録画
ができていなければ、【速報】は出せ
ませんので、ご了承ください。
posted by あらやまはじめ at 23:42| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魁傑さんの元弟子、若乃島が85場所目にして新十両濃厚…こういう苦労人には、いい思いをさせてあげたいね

今朝もスポニチを購入しては、まず
相撲記事からチェックしました。

私が注目したのは、扱いは小さかった
ですが、西幕下筆頭の若乃島が昨日
勝ち越しを決め、来場所の新十両が
濃厚になったという記事です。

写真も載っていましたが、その顔は
感極まって泣いているようにも見える。

それもそのはず、この若乃島、なんと
今場所が初土俵から84場所目。

丸14年です。

29歳。

来場所、新十両となれば、史上4位
タイのスロー出世となります。

それだけではない、師匠が先日急死
した元放駒理事長の魁傑さんでした。

現在は、元横綱大乃国の芝田山部屋に
所属していますが、魁傑さんの元弟子
というわけです。

あともう少しだった、という思いが、
若乃島に感極まらせたのでしょう。

しかしねえ、こういう苦労人には、
ぜひとも来場所、十両入りして、
関取になって、一場所でもいいから、
いい思いをさせてあげたいね。

初めて給料ももらえるわけだしね。

なかなか十両の取組を見る機会は
ありませんが、来場所は、この若乃島
の相撲に期待したいものです。
posted by あらやまはじめ at 08:48| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の名力士たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村