2014年05月11日

【速報】今日の主役は、遠藤でも鶴竜でもない、嘉風です!…明日の鶴竜戦が楽しみになってきましたよ

いよいよ、待ちに待った大相撲夏場所
が今日から始まりました。

今場所も、【速報】を出していきます
ので、読者の皆様、今場所もよろしく
お願いいたします。

さて、今日の相撲を振り返る前に、
先程、私の公式ブログでも触れました
が、序二段の北斗龍が、28年目、1169
回でついに連続出場が途切れました。

残念。

詳細は公式ブログをご覧下さい。

では、幕内上位の相撲を何番か
振り返ってみましょう。

まずは、遠藤。

中入り後、三番目の相撲で、懸賞が
なんと14本。

いやが上にも、期待が高まります。

対戦相手は、幕内最年長の旭天鵬。

立ち合い、遠藤はすぐに左四つに
なり、右上手を引き付けた。

前に出る遠藤。

旭天鵬は左から振るも、遠藤は
左足を俵にかけて、なんなく
残し、そのまま寄りきりました。

先場所よりも、圧力が増したように
感じましたね。

今場所の土俵が楽しみになって
きました。

新横綱の鶴竜の一番についても、一言。

対戦相手は碧山。

立ち合い、低く当たった両者でした
が、鶴竜の圧力は碧山を上回って
いましたね。

鶴竜にしては、珍しく突っ張り合い
になりましたが、碧山は圧力負け
というかね。

最後は足を滑らせた形で、自分から
土俵に落ちてしまいました。

碧山の想像以上に鶴竜の圧力が
強かったということでしょう。

新横綱の初日、緊張したでしょう
が、初日が出てホッとしたのでは
ないでしょうか。

その直後、番狂わせが待ち受けて
いました。

日馬富士×嘉風戦。

これはねえ、珍しいものを見たと
いうか、嘉風はこんなに強い力士
だったのかと、びっくりしましたよ。

立ち合い、低く当たった嘉風は
左から日馬の体を浮かせました。

日馬は左から嘉風の首に手をかけて
は、呼び込んでしまった。

一瞬、日馬の体が宙に浮いたように
見えたのは私だけでしょうか。

自分から土俵の外に出てしまった。

日馬は、正面土俵下に座る、師匠の
伊勢ヶ浜親方の横に倒れこんでは、
左足を引きずっていました。

その後、立ち上がりましたから、明日
以降の土俵は大丈夫かとは思いますが、
ちょっと心配ですね。

しかし、嘉風は見事な相撲を取りました。

明日は、鶴竜戦だとか。

ますます楽しみ。

今場所は、盛り上がりそうな気がして
きましたよ、これは。




posted by あらやまはじめ at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘉風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村