2014年05月27日

【平成26年大相撲夏場所総括・三役編】期待されなかったからこその、稀勢の里の復活…期待される来場所、あなたは期待しない方がいいです

白鵬の29回目の幕内最高優勝に
終わった大相撲夏場所ですが、
ここで、恒例の【総括】をさせて
頂きたいと思います。

長くなりそうなので、【三役編】と
【平幕編】に分けます。

今日は【三役編】です。

まずは、29回目の優勝に敬意を表して、
横綱白鵬から取り上げましょうか。

ここ数場所、横綱は終盤になって、
取りこぼしが多くなりました。

取りこぼしと言っても、一番か二番
くらいなのですが、以前の圧倒的な
強さを誇った時代から比べると、やや
その強さが相対的に落ちてきたのかな
という気もします。

もっとも、これは、他の力士が力を
付けてきたからということも言える
わけでして、相撲界全体を考えれば、
喜ばしいことではあるんですがね。

今場所も、豪栄道に不覚を取りました
が、その一番以外にも危ない相撲は
何番かありました。

しかし、地力ではやはりまだまだ
他の力士の追随を許さないところが
あり、結果的にそれが優勝につながった
というかね。

新横綱の鶴竜は、9勝に終わりました。

しかしねえ、新横綱であることを
考えれば、悪くはなかったんじゃあ
ないですか。

日馬富士だって、新横綱の場所は9勝
でしたし、来場所以降の巻き返しを
期待しましょう。

今場所、結果的に「主役」の座を
勝ち取ったのが、稀勢の里です。

鶴竜に先を越され、捲土重来を期して
いたはずの稀勢は、見事、復活しま
した。

しかし、これも、場所前から話題が
鶴竜や遠藤に集中していたからとも
言えなくもない。

来場所、仮に全勝優勝すれば、私は
稀勢を横綱に挙げていいと思います。

もう、力があるのは、万人が認める
ところ。

あとは、「優勝」という結果だけです。

来場所は、「優勝」の前に「全勝」の
二文字が必要となりますが、ここで
我々は一つ注意をしなければなりません。

それは、稀勢には期待をしないという
ことです。

これは、私も当ブログで何度も指摘して
いますが、もはや「絶対に」期待して
はいけないレベルにまで来ている。

例えば、来場所、中日を終えて全勝
だとする。

マスコミを始め、世間は「すわ、横綱
か」と騒ぎ始めるでしょう。

ここをねえ、我々は我満しなければ
なりません。

分かっているんだけど、知らんぷり
をしませんか、みなさん?

重圧に何度も何度も打ち砕かれた
稀勢にとって、「期待」の二文字は
もはや「禁句」に近い。

喜ぶのは、横綱になってからでいい
んですよ、我々は。

期待はしない。

観客は騒がない。

騒ぐのは、心の中だけにしませんか、
そろそろ。

…長くなってしまいました。

関脇、小結陣にも触れたいですが…
明日にしましょう。

ご期待下さい。


posted by あらやまはじめ at 17:18| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村