2013年12月28日

「大相撲この一年」を見て…あらやまも選んでみましたよ、今年のMVP力士を

今日の夕方17時から、毎年私が楽しみに
している、NHKの「大相撲この一年」を
先程見ました。 

この番組は45分の番組ながら、一年の
相撲界の出来事をコンパクトにまとめて
いて、しかも、北の富士さんや舞の海
さんといった、お馴染みの解説者が
軽妙なトークを繰り広げるので、私は
大好きな番組です。

冒頭、今年の優勝力士の白鵬と日馬
富士についての映像が流れましたが、
やっぱり私が注目したのは、その後に
特集された稀勢の里です。

稀勢に関しては、当ブログはおろか、
公式ブログでも何度も取り上げて
いますので、これ以上は触れません
が、もう力は横綱級てす。

あとは、北の富士さんも語っていま
したが、「下位の力士へのポカを
なくす」ことだけじゃあないですか。

大丈夫、来年中には、間違いなく
横綱になっています。

今日の番組では、引退した力士の
映像も流れていました。

今日、ゲスト出演した高見盛に、
雅山、記憶に新しい把瑠都、さらに
は、行司の36代木村庄之助まで
取り上げられていた。

こういうのはいいですねえ。

平成生まれの力士の台頭にも
光を当てていました。

高安が出世頭でしょうが、今年
一気に上がってきた遠藤、あるいは
大砂嵐あたりも、来年は大注目
ですなあ。

広報部長の八角親方による、相撲
ファン開拓の話題も、関心を持って
見させて頂きました。

その甲斐もあって、今年の入場者数
は4万人増え、8%アップとか。

八角親方を始めとした、親方衆の
頑張りにも拍手を送りたいですね。

さあ、今年のMVP力士を、そろそろ
選んでみようかと思いますが…。

難しいですね。

優勝回数を見れば、白鵬が妥当ですし、
日馬富士の九州場所での頑張りにも
私は目を見張りました。

急成長した遠藤にも来年への期待を
込めて、MVP を送りたい気もします
が…。

栄えある「あらやまが選ぶ今年の
MVP力士」は…。

馬鹿を承知で、決めましょう。

稀勢の里です!

そうです、あの稀勢の里です。

私はこの一年、彼に散々振り回されて
きました。

今日の放送で舞の海さんがうまい
ことを言っていました。

「稀勢の里は、女に例えれば、魔性の
女だ」と。

何度も期待させては、裏切られる。

でも、まだ、未練がある。

そして、その未練が期待に変わる。

この繰り返し。

舞の海さんは「魔性の稀勢の里」と
言っては、北の富士さんに「そんな
ふうに相撲を見ていたのか」と一喝
されましたが、大多数の国民はそう
ではないでしょうか。

私も稀勢に関しては、世間が「綱
とりだ」と騒いだときには、「彼は
まだ綱とりではない」と私なりに
戒めてきたつもりですが、九州場所
の稀勢を見て、、私は「もう、横綱級」
だと考えを改めました。

なぜ?

だって、横綱級だもん。

過去に私が見てきた10数人の横綱と
比べても、ひけをとりません。

もう、今すぐにでも横綱にしていい
くらいだと私は思っていますが、
世間は「優勝して横綱」という図式が
欲しいのでしょう。

馬鹿じゃないかと思いますが、
仕方ない。

初場所、稀勢は優勝できないかも
しれない。

ですが、もう、実績を考えれば、
優勝を2、3回しているに等しいと
私は思っています。

いいじゃあないですか、もう。

初場所で優勝できなくても、13勝
くらいして、準優勝でもすれば
私は稀勢を横綱にしていいと
思っています。

別に、綱とりのレベルを下げる
わけではありません。

既に力があるからこそ、言うの
です。

もう、無駄な議論は必要ないですよ。

来年の、いや、今年のMVP力士は
稀勢以外に考えられません。

そして、来年も稀勢に取ってほしい、
というか、取るべきです。

横綱に名実ともに昇進すれば、だれ
も文句は言うまい。

来年が楽しみてすよ。



posted by あらやまはじめ at 19:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村