2013年10月28日

「プロレスでも横綱」・・・全日3冠の曙を素直に褒め称えようではありませんか

今日、私が購入した日刊スポーツ
では19面の扱い。

でも、それなりに大きく取り上げ
てもらいました。

曙。

そうです、第64代横綱の曙が、
プロレスの世界に移り、ついに、
全日3冠を獲得しました。

もっとも、私もプロレスはほと
んど見ませんので、この「全日
3冠」がどれだけすごいのかは
正直分かりませんが、過去の
王者表を見ると、それがすごい
であろうことは伺い知れる。

昨日のこの決戦は、かの両国
国技館で行われたそうですが、
対戦前に曙は、お世話になった
東関部屋の前にある看板に10分
間祈りをささげたというような、
微笑ましい記事も載っていました。

やっぱり、相撲道は忘れられない
のでしょうなあ。

彼にとっては原点だからね。

でも、曙曰く、「相撲で言うと
まだ日馬富士以下」と語って
います。

日馬富士の現在の位置をプロレス
の世界で示せば、「2番手か3番手」
といったところなのでしょうね、
曙にとっては。

日馬富士に他意はありませんが、
「なるほどな」と思いましたよ、
私は。

まあ、どうあれ、プロレスの世界
でもそれなりの地位を苦労して
築いたというのは、賞賛に値す
べきことだと思います。

ここまで来るのに、8年かかった。

相撲界で大成することだって
大変なのに、プロレスの世界
でも、よく頑張りましたよ。

おめでとう、曙!


*今となっては、読む価値は
あるかもしれませんね。↓

ラベル: 日馬富士
posted by あらやまはじめ at 21:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村