2013年07月11日

【速報】高安の右上手ひねりは新たな時代を感じさせる…負けた稀勢? もともと綱とりじゃあありませんよ、皆様

今日は鶴竜にうまい相撲で勝った高安を詳しく書こうと思っていましたが、その直後に稀勢の里が敗れました。

ちょっと軌道修正します。

まずは、高安について軽く触れましょう。

立ち合い、鶴竜共々、両者低く当たりました。

先に左を取って、いい形を作ったのは高安。

しかし、鶴竜も大関です、直後、がっぷり四つになった。

こうなると、相撲のうまい鶴竜かなあと思っていたら、先日の日馬富士戦で披露した右からの上手ひねりを、高安はまたしても見せた。

そして、鶴竜はまんまと、ワナにはまった。

捨て身で鶴竜は押し込みましたが、明らかに鶴竜が先に土俵に落ちていた。

行司軍配は鶴竜に上がりましたが、スローで見ると、高安の体(たい)が死に体と言えなくもなく、微妙でしたが、行司差し違えで高安の勝ち。

この高安の上手ひねり、今後、大きな武器になりそうで、新たな時代の到来を感じさせてくれますねえ。

近年はこういう「武器」を持った力士がなかなか見当たりません。

中盤戦以降はおろか、来場所以降も楽しみになってきましたよ、高安はね。

また、2敗目を喫した稀勢の里ですが、再三私は申し上げていますが、今場所は「綱とり」ではありません。

それを証明するような相撲でしたよ、今日は。

新鋭の千代大龍相手に、敗れた3日目同様、頭を下げすぎです。

立ち合いも、相手の張り手を警戒したのか、圧力は感じられませんでした。

なにより、稀勢は今日も「受けて立っ」ている。

自分から攻めていかなければ、相手の思うツボですよ。

千代大龍ののど輪を食らって、体が浮くと、もう修正ができない。

千代大龍を褒めるべきなのかもしれませんが、仮にも「綱とり」の稀勢の里です。

平幕相手に2敗。

万が一、この後、全勝して優勝したとしたら、横審はそれでも稀勢を横綱に推挙するのだろうか。

この時点で、私は「アウト」だと思いますがね。

ただ、この後全勝すれば、優勝しなくても、来場所にはつながりますよ。

2場所連続13勝なら、来場所は綱とりと言っていい。

腐らずに、残りの土俵、頑張ってほしいですよ、稀勢にはね。


【送料無料】横綱 [ 武田葉月 ]

【送料無料】横綱 [ 武田葉月 ]
価格:1,700円(税込、送料込)

posted by あらやまはじめ at 18:46| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村