2013年07月08日

【速報】高安は白鵬相手によく左を巻き替えましたよ、しかも二度も

今日の相撲は、まず稀勢の里から見ていきましょうか。

対戦相手は、久々に三役に復帰の時天空。

立ち合い、稀勢は右からおっつけ、右が入ると、すぐに上手投げで、ベテランを一蹴しました。

昨日の白星で、だいぶ落ち着いた様子が伺えましたね。

それよりも、私が驚いたのは、その数番後の白鵬との取組で見た、稀勢の弟弟子である高安ですよ。

いやあ、驚いた。

というより、久々に興奮しましたよ、見ていて。

立ち合い、白鵬はすぐにもろ差しに。

この瞬間、私は「あ、白鵬、楽勝だな」と思いました。

しかしねえ、ここからの高安がすごかった。

なんとかして、左をねじ込もうとする。

もちろん、白鵬の右はそうは簡単に、相手の左を差させません。

私も、何年も白鵬の相撲を見てきましたよ。

しかし、高安は左をねじ込んだ!

そして、高安、もろ差しに。

ここが高安にとっては勝負どころでしたが、横綱は動きが速い。

すぐに高安の左を切る。

しかし、あきらめない高安は、またしても左をねじ込んだ!

でもね、高安の善戦もここまででした。

横綱は、全盛期の千代の富士の「ウルフスペシャル」を彷彿とさせる、右から高安の頭を抑えつけては、左から強引とも言える投げを打ち、終止符。

投げを打った後、最後は横綱も勢い余って、土俵下に転げ落ちました。

「綱とり」の稀勢の里ばかりが注目されていますが、どっこい、弟弟子の高安も、稀勢に稽古をつけられて、いつの間にか、横綱を相手にしてもこれだけの相撲を取れる逸材に成長している。

明日は、日馬富士戦ですか。

ひょっとした、ひょっとするんじゃあないか?

今場所の高安、ちょっと注目ですよ、これは。


posted by あらやまはじめ at 18:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村