2013年07月07日

【速報】二度の「待った」…しかし、稀勢の里は慌てませんでしたねえ

さて、いよいよ待ちに待った、大相撲名古屋場所が今日から始まりました!

今場所も【速報】を出していきますので、読者の皆様、よろしくお願いいたします。

初日の今日、やはり注目は「綱とり」と噂されている稀勢の里です。

私は場所前から、というより、先場所から稀勢は「今場所は綱とりではない」という立場を取っています。

しかし、そこまで騒ぐのなら、ちょっと注目して見てみようか、というスタンスです。

今日も豪風との一番を注目して見ていましたが、立ち合い、「待った」が二度ありました。

これは、豪風がつっかけたというより、稀勢が手を付くのが遅かった。

稀勢の手つきが遅いことは、今場所に始まった話ではありませんが、今日の場合は、仕掛ようとしたというのではなく、単に緊張していたのだろうと、私は好意的に受け取りましたよ。

三度目の立ち合い、稀勢は張って出ました。

しかし、これはあまり効き目はなく、豪風は中に入ろうと、頭を付けては、体勢を整えようとします。

稀勢はまわしが取れずも、抱え込むようにして体勢を起こすと、圧力で前に出ては、豪風を問題にせずに押し出しました。

稀勢の勝因は、まわしが取れなくても、慌てず、焦らず、前に出たこと。

また、相手が豪風という、意外性の少ない力士であったことも、稀勢には幸いしました。

ともあれ、初日は大事です。

幸先の良いスタートを切ったと言っていいんじゃあないですか。

明日は時天空戦ですか?

大丈夫でしょう、余程のことがなければね。


【送料無料】相撲 2013年 07月号 [雑誌]

【送料無料】相撲 2013年 07月号 [雑誌]
価格:960円(税込、送料込)

ラベル:稀勢の里 豪風
posted by あらやまはじめ at 18:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村