2013年07月23日

【平成25年名古屋場所総括・幕内編】「次期大関候補」高安に尽きる!

さて、名古屋場所の総括、第2回目
は、幕内力士に絞って話を進め
たいと思います。

もう、幕内に関して言えば、高安
しかいないでしょう、今場所は。

もちろん、中盤戦で日馬富士を
見事な相撲で破った千代大龍、
あるいは、幕内下位で久々に
復帰した蒼国来など、他にも
見どころはありました。

ですが、西筆頭の高安の活躍抜き
では、今場所は語れませんよ。

殊勲賞も取りましたが、日馬富士
に勝った相撲だけじゃない、大関
の鶴竜、琴欧洲に勝った相撲も、
「次期大関候補」としての可能性
を十分に満天下に見せつけたと
言っていいでしょう。

当ブログでは、紙面の関係もあり、
取り上げませんでしたが、残念
だったのは高安の終盤戦です。

負けた相手を見れば「仕方ない」
と言えなくもないのですが、
栃煌山、豪栄道、妙義龍あたり
に敗れたあたりは、まだまだです。

上位陣と戦うときには、相当
気合を入れているのでしょうが、
そうでない場合の落差が激し
すぎる。

これは、だれもが通る道でして、
来場所三役に上がった高安が
どのように「下位力士」と対戦
するのか、見どころではあります。

妙義龍、豪栄道の両関脇は、
そろって千秋楽に勝ち越しを
しましたが、これ、八百長と
思われても仕方がありませんよ。

いけません、こういう形で「古き
良い時代」を思い出させるのは。

ましてや、豪栄道は2勝7敗から
勝ち越しでしょう?

八百長で散々痛い思いをした
相撲協会です、疑念を思わせる
ような相撲や星取はすべきでは
ありませんよ。

分かっています、本人たちは
一生懸命相撲を取っている。

ですが、疑念を呼ぶようなことは
してはいけないということです。

勝ち越すなら、最低でも12日目
か13日目で勝ち越しなさい。

それならだれも文句は言わない。

でなければ、関脇の地位にいる
資格はありません。

特に妙義龍に関しては、先場所
の相撲がピカイチだっただけに
がっかりしました。

また、先に少し名前が出た蒼国来
ですが、6勝9敗。

これを、どう見るか。

私は、大健闘だったと思います。

下手すれば、これだけのブランク
です、全敗も考えられないわけ
ではなかった。

大きな連勝もありませんでしたが、
大きな連敗もありませんでした。

来場所は十両に降格するでしょう
が、すぐにまた上に上がってくる
のではないでしょうか?

彼は「悲劇の力士」です。

今後も動向を注目していきたい
と思います。

さあ、明日以降は、横綱・大関
陣について語ります。

というか、既にいろいろと当ブログ
では語ってきていますが、まだ
まだ語り足りません。

特に稀勢の里については、言い
たいことが山ほどあります。

なるべく、明日、総括の最終回
を書ければと思っていますので、
引き続きよろしくお願いいたします。


posted by あらやまはじめ at 20:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 高安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村