2012年11月23日

【速報】貴乃花親方の「預言者」ぶりに圧倒されました

今日の大相撲中継の解説は、かの貴乃花親方でしたが、横綱戦2番の取組直前の解説を聞いていて、「親方は預言者じゃないか」と、相撲よりも、そちらの方に圧倒されましたよ。

まず、日馬富士と対戦の鶴竜について、今場所は素人目に見ても、引き技が多く、消極的な相撲が目立っていましたが、親方はこれを一蹴。

組んだときの鶴竜のうまさを絶賛していた。

そしたら、実際の取組で、今場所一番とも言える正攻法のいい相撲で、鶴竜は日馬を寄り倒しで撃破(親方は「鶴竜は二の矢の攻めもいい」と)。

さらには、結びの「白鵬×稀勢の里」戦では、横綱の充実ぶりを取組前に大絶賛し、実際の対戦でも、白鵬は稀勢に何もさせずに、あっという間の押し出し。

相撲道を極めんばかりに相撲に打ち込んだ、元・大横綱には分かるんですかね、取組前の力士の所作や様子を見て、その後に起こるであろう結末が。

見事な解説でした!
posted by あらやまはじめ at 18:52| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村