2012年08月04日

東スポの柔道記事、ヒットです

オリンピックで柔道が始まって以来、私は東京スポーツの小川直也さんのコラムに夢中です。

巷では「暴走王」と言われている小川さんですが、さすがは銀メダリスト、その柔道評論には、唸るところが毎日必ず一つはあります。

その小川さんが紙面で「男子の監督は、山下泰裕さん、斉藤仁さんと来て、本来ならオレや吉田秀彦の世代が監督なんだが、プロになっちゃったからなあ」と。

これですよ。

小川さんや吉田さんといった、言わば「大エース」に、プロになったからと、声をかけない柔道界。

そして、その下の世代の篠原を監督にして、惨敗。

さらには、「女三四郎」の異名を取った山口香さんは、同紙上で「外国人コーチを招聘すべき」とも。

東スポは明日から「柔道惨敗の真相」を連載するそうで…やるじゃないか、東スポさんよ!

柔道関係者は東スポを熟読したほうがいいですよ、もう。
ラベル:小川直也
posted by あらやまはじめ at 19:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村