2012年08月13日

米満が最後の最後に日本男子格闘界を救った!

今回もまた、オリンピック関連の記事になります。

嬉しいニュースなので、許してください。

柔道もレスリングも、女子の活躍が目立った今回のオリンピック。

それはそれで喜ばしいことなのですが、「日本男児、何をやっとんじゃい」という思いがあったことも事実。

そんなモヤモヤを、最後の最後に一気に吹き飛ばしてくれる男が現れました。

米満達弘。

男子レスリング界で24年ぶりの金メダルを日本にもたらせてくれました!

佐藤満、小林孝至両氏以来ですから、私が高校生の時以来ですよ。

考えてみれば、あの二人以来、レスリング界にビッグネームはいなかったからねえ。
昨日の試合を見た限りでは、66キロ級にしては、かなりの大技を使うなあという印象ですが、所属を見ると「自衛隊」。

また、自衛隊の印象が良くなりますねえ。

まだ26歳。

次のリオも行けるでしょう。

頑張ってほしいね。
ラベル:米満達弘
posted by あらやまはじめ at 17:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村