2012年05月19日

【速報】ここまできたら、旭天鵬に優勝させてあげたい

ここのところ毎日「本当に大相撲
か?」という土俵が続いていま
したが、今日は全体的に引き
締まっていて、よかったですね。

では、3敗力士3人の今日の土俵を
振り返ってみましょう。

栃煌山 - 鶴竜相手に、立ち合い
良く、土俵際まで攻め立て、鶴竜
が焦って巻き返し頭を下げた
ところを、タイミング良く、肩透かし
で快勝。

旭天鵬 - 昨日勝ち越しホッとして
いるであろう琴欧洲を相手に、
立ち合い、すぐに左上手を取って、
これまた琴欧洲が慌てて前に出た
ところを、キレイに上手投げ。

稀勢の里 - 取組前、いつもとは
異なり、気落ちしているように
見えましたが、落ち着かせようと
していたのでしょう。立ち合い、
踏み込みが良かった。左からの
おっつけで日馬富士に何もさせず、
右の上手もがっちり引いて、
最後は正面土俵下へ押し出し
ました。

白鵬も把瑠都に快勝し、4敗を
守りましたが、上記の3敗力士
が明日全員負けるという事態は
あるのか?

それぞれの対戦相手を見て
みましょう。

栃煌山×琴欧洲
旭天鵬×豪栄道
稀勢の里×把瑠都

今日のNHK相撲解説の浅香山
親方(元大関魁皇)も語って
いましたが、これは、本当に
分からない。

しかしねえ、私は心情的には
昨日史上10位の800勝を達成
し、(言葉は悪いが)残りの
相撲人生もそう長くないで
あろう、37歳の旭天鵬に優勝
させてあげたい。

いや、公平性を欠くことは
分かっています。

ですが、稀勢と栃煌山はこれ
からまだ何度も優勝のチャンスは
あると思う。

旭天鵬にとっては、おそらく
これが最初で最後のチャンス。

こんな展開は、それこそ、
貴闘力が幕尻で初優勝した
とき以来ではないでしょうか
(10年以上前だね)。

だからこそ、旭天鵬には、
「もう明日で相撲人生が
終わってもいい」という気持ち
で相撲を取ってほしい。

明日の対戦相手、豪栄道は今日
勝ち越してホッとしています。

何が何でも旭天鵬に勝たねば
ならない理由は一つもない
(旭天鵬の自滅を除けば)。

決定戦、あるいは、3人の
巴戦になるかもしれない。

でも、ここまで来たら、なん
とか旭天鵬に優勝させてあげ
たい。

これは、ここまで20年近く
異国の地で頑張ってきた
ベテランに対する「ご褒美」と
して、日本人のみなさん
(というか、私も日本人
ですが)にはわかってほしい。

明日の旭天鵬、何があっても
私は中継を見ますよ!
posted by あらやまはじめ at 19:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭天鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村