2012年05月17日

【速報】興醒めする土俵…白鵬に優勝してもらうしかない

だらしない。

この一言を今日、何度つぶやいたことか。

順を追って見ていきましょう。

豪栄道。1横綱3大関を破った。昨日、負けるはずのない高安にあっさりと敗れ、今日も臥牙丸にいい形になりながら逆転負け。これで、6勝6敗。

稀勢の里。昨日2差を付け、独走かと思わせながら、今日は栃煌山に正攻法で敗れる。これで2敗。

把瑠都。目の前で稀勢が敗れ、1差で優勝争いに大きく近づいたと思ったら、いいところなく琴欧洲に寄り切られる。

唯一土俵を締めたのが、やはり白鵬でした。

左人差し指を骨折しているのに、横綱としての責任感から土俵に上がり続け、今日も琴奨菊を破り、4敗をキープし、勝ち越しを決めました。

数日前、私は「11勝4敗の巴戦になるかも」と予想しましたが、今日の土俵を見るとそうなる可能性が高くなってきましたし、他の力士に目を覚ましてもらうためにもそうなったほうがいいとすら思えてきました。

なぜチャンスを自らの手で逃そうとするのか?

私は白鵬にこういう場所こそ優勝してもらいたいと思い始めました。

その意味でも、明日の「白鵬×稀勢の里」戦は今場所最も重要な一番になりますよ。
posted by あらやまはじめ at 19:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村