2012年04月09日

【アーカイブス20110918】関脇が強い場所は面白い

さて、今日は「関脇の強い場所」
についてのアーカイブスです。

ここで取り上げた「強い関脇」の
二人は、現在大関になっています。
わずか半年の間にも、大きな動き
があった相撲界。下記の記事を
読んで、「ああ、そうだったな」
と振り返って頂ければ、発行者と
して、こんなにうれしいことは
ありません。

前半の「あゆ」の記事は一部省略
しています。気になる方は、
「野球+αブログ」をご覧ください。

【タイトル】関脇が強い場所は面白い

【記事】今日は「あゆ」が一面の
スポニチを買いました。

AKBがトリを取ったことが嫌だった
ようです。

女王様ですね、あゆは。

・・・(省略)・・・

さて、芸能情報はさておき、
今日も相撲ネタで行きますよ。

今場所は関脇3人ですが、鶴竜
(かくりゅう)が早々と大関
争いから脱落しました。

残る東西の関脇が、41年ぶり
に7連勝です!

残念ながら、今日夕方琴奨菊が
敗れましたが、稀勢の里は今日
も勝ち、8連勝で勝ち越しを決め
ました。

この稀勢の里、読者の皆様は
「白鵬の連勝を止めた男」と
して覚えているかもしれません。

しかし、私に言わせれば、白鵬
の連勝を止める何年も前から、
(言葉は悪いですが)「万年
大関候補」でした。

先場所から今場所にかけて、
琴奨菊と鶴竜が「大関候補」と
騒がれただけに、稀勢の里
の心中も穏やかではなかった
ことでしょう。

その不安をかき消すどころか、
あっと驚く8連勝です。

これまでは、序盤中盤にかけ
て上位陣を食いながら、終盤に
幕内力士に負ける、というサイ
クルを繰り返していた稀勢の里
ですが、今場所はすでに中盤
までに幕内力士との対戦を
終えています。

最大の関門は白鵬ですが、この
大横綱を再度破れば、下手すれ
ば、全勝優勝で大関へとの道も
開けるのではと思います。

琴欧洲がそろそろ、大関陥落
もしくは引退の声も聞こえる
中、この一見「ふてぶてしい」
稀勢の里が、日本人大関として、
白鵬に対峙する姿を早く見て
みたいものです。
ラベル:稀勢の里
posted by あらやまはじめ at 18:24| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 稀勢の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村