2012年04月06日

【アーカイブス20110915】梨田監督退任か、日馬富士綱取り絶望か?

さてさて、ようやっと、PCと携帯の
リンク付けやら、デザインの変更やらの
作業が一応終わりました(まだ
まだ変えるところはありますが)。

ようやく、【アーカイブス】を出せます。

ちなみに、私のメインブログである、
「あらやまはじめの野球+@ブログ」
は昨日でちょうど記事300件目!
でした。

昨年6月から始め、そろそろ一年
になりますが、まあ、よくぞ
300回も続けられたなあ、と
ひとり感慨にふけっています。

さて、相撲記事を探しましたが、
初めてタイトルに力士名が出たのが、
下記の2011年9月15日付の記事
です。

昨年の秋場所ですね。

全文掲載しますので、多少長く
なりますが、ぜひご覧ください
ませ。


【アーカイブス20110915】

【タイトル】
梨田監督退任か、日馬富士
綱取り絶望か?

【記事】
数日前でしょうか、報知新聞に
「梨田監督、退任」との記事が
一面になりました(買いません
でしたが)。

この時期ですから、ブラフだろう、
と思っていたら、本日、日刊
スポーツの一面にまた出ており、
しかも、今日「退任会見」まで
行ってしまった、とのこと。

梨田監督については、話したい
ことは山ほどありますが、長く
なりそうなので、また別の機会
にします。

そこで、今日取り上げたいのが、
久々の相撲ネタです。

先場所白鵬の連続優勝を止め、
2年ぶりの優勝を飾り、今場所、
綱取りがかかっている日馬富士
(はるまふじ・・・相撲に興味が
ない方のために、一応ふりがな
ふります)のことです。

昨日はNHKで秋場所の相撲中継を
夕方見ておりました。

魁皇が引退した今場所、誰を
応援しようか、迷っていますが、
日馬富士は私の好きなタイプの
力士(ソップ型で、すばしっこい)
です。

しかし、昨日当たった豊真将
(ほうましょう)も、持ち前の
上背をうまく使って、豪快な相撲
を取る力士で、しかも大変礼儀
正しく、実は私は数年前から
陰ながら応援しておりました。

昨日、豊真将は立会いで、だいぶ
後ろに下がり、日馬富士に当たっ
ていきました。最近ではあまり
見ない大胆な取り口で、「豊真将
は何をするのだろう」と私も見て
いて思いましたが、やりましたよ。

豊真将の右からの強烈なおっつけ
で、日馬富士の体は完全に宙に
浮いてしまい、後手後手に回って
しまいました。

こうなると大関とはいえ、軽量
力士のつらさ、あっけなく押し
出され、日馬富士は綱取り絶望
となる2敗目を喫しました。

そして、今日、相撲中継を私は
所用で見られませんでしたが、
なんとまた負けて3敗目とのこと。

これで、完全に綱取りはなくなり
ました。

なぜ? 

昨日は、豊真将の「作戦勝ち」と
言えなくもないですが、今日豪風
(たけかぜ)に負けた、ということ
は、下手したら、どこかケガして
いるのかもしれませんね。

今場所は琴欧州(ことおうしゅう)
も把瑠都(ばると)も、大関陣が
不甲斐なく、逆に関脇の琴奨菊
(ことしょうぎく)と稀勢の里
(きせのさと・・・結構、変換が
大変だ)がいずれも5連勝で好調
です。

今場所の焦点は、万全の横綱・白鵬
にどこまで琴奨菊と稀勢の里が
迫れるか(+大関昇進できるか)、
に変わってきましたね。

今場所は面白くなりそうなので、
随時、相撲の記事も入れたいと
思っていますので、読者の皆様、
力士名をぜひ覚えてくださいね!
ラベル:日馬富士
posted by あらやまはじめ at 14:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村