2012年04月30日

【アーカイブス20110117】【速報!】鶴竜が大殊勲!

横綱は強いから横綱なわけです。

その横綱が、たまに平幕力士
に負けるから、相撲は面白い
んです。

いや、平幕だけでなく、三役
でも横綱に20連敗以上している
力士は時折います。

そして、その下位力士が勝つ
からこそ、相撲は面白いん
です。

私は覚えています。

小学3年か4年の頃に見た、
「北の湖×玉の富士」戦を。

確か、玉の富士は、当時最強
の横綱・北の湖に27連敗だった
か、29連敗だったか。

一回も本場所で勝てなかった。

ですから、玉の富士が北の湖
と当たるときには、こちらも
全く期待していないわけです、
小学生ながら。

ところがところが!

玉の富士が勝ったんですよ、
北の湖に!

そして、初めて勝った次の
場所でも確か勝って、北の湖
に2連勝した。

そんな昔のことを思い出し
ます。

鶴竜は、初場所、白鵬に初めて
勝ちました。

21度目ですから、玉の富士
よりは早いですね。

その鶴竜、玉の富士が手に入れ
られなかった大関として、5月
場所から君臨します。

その鶴竜、玉の富士同様、3月
場所でも白鵬を撃破し、2連勝。

鶴竜よ、玉の富士にならない
よう、5月場所でも白鵬に勝って
3連勝しよう!

それが、横綱への近道だ。

【アーカイブス20110117】

【タイトル】
【速報!】鶴竜が大殊勲!

【記事】
いやいや、今場所、初めて
TVの前で拍手し、興奮しま
したよ。

先場所まで20回対戦して
一度も横綱・白鵬に勝て
なかった関脇・鶴竜(かく
りゅう、と読みます)が、
ついに今日、先程初めて
勝ちました!

立会いで一度、白鵬が待った
をかけました。これは横綱
にとっては珍しいことで、
おそらくは白鵬も「何か
やってくるな」と予感
していたのかもしれません。

二度目の立会い。鶴竜は
すぐに右上手を取ると、
白鵬がまわしを取る前に
すばやく回り込み、もろ
差しになると一気に土俵
際までもって行きました。

さすがは横綱、白鵬もここ
でかなり粘りましたが、
鶴竜の怒涛の寄りに、つい
には土俵を割り、今場所
初めて、座布団が国技館の
宙に舞いました。

これで、今日全勝を守った
大関・把瑠都がついに単独
トップに立ち、1敗で横綱・
白鵬と、これまた今日大関・
琴奨菊に7場所ぶりに勝った
大関・稀勢の里が追いかける
という展開になりました。

そして、明日、最高の対決
が。

白鵬×稀勢の里

1敗対決です。

また、単独トップとなった
把瑠都は大関・日馬富士と
対戦となります。

いやあ、白鵬が追いかける
展開なんて、何場所ぶり
だろう。

明日からの終盤戦、もう
これは目が離せません!
ラベル:鶴竜 白鵬
posted by あらやまはじめ at 20:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村