2024年05月12日

【令和6年大相撲夏場所・初日速報!】大の里は照ノ富士に「引導を渡した」と言っていいんじゃないですか・・・今日も4大関が全滅、これを好機と見なきゃ、大の里は

大相撲夏場所が今日初日を迎えました。

今場所もよろしくお願いいたします。

今日はねえ、もう一択です。

千秋楽の照ノ富士と新小結の大の里の
一番。

その立ち合い、大の里は左を固めて、
右を差しました。

これはうまかったねえ。

固めた左もすぐにねじ込んで、もろ差しに。

そこから間髪入れずに、前に出た。

こうなると、横綱も何もできない。

最後は大の里、右からのすくい投げで
一蹴。

どうですか?

もし、横綱が今場所途中にも引退を発表
することになったとしたら、今日の一番が
そのきっかけになったであろうと断言して
いい。

それくらい「時代が変わった」と思わせる
一番。

大の里が照ノ富士に「引導を渡した」と
言ってもいいくらいだと思いますよ。

今日は4大関が全滅しましたが、大の里は
これを好機と見なきゃ。

「オレの出番が来た」とね。

先場所、新入幕で優勝した尊富士は、
無理がたたって、今場所全休です。

来場所は十両落ちが濃厚?

こういう力士は、「協会の看板」になる
資格はない。

それよりも、新入幕から2場所続けて、
最後まで優勝争いに加わり、今場所は
三役に上がって、初日から横綱を見事な
相撲で下した大の里の方が資格がある。

場所前には、部屋で未成年の力士に飲酒
させたことで厳重注意を受けましたが、
はっきり言って、「部活のノリ」ですよ。

あれだけ大事になってしまえば、大の里
だってバカじゃない、もうやらないはず。

大の里には今場所、全勝優勝するくらいの
意気込みで頑張ってほしいね。

さて、4大関全滅と書きましたが、その中
で今場所から「琴桜」を襲名した元琴ノ若
が大栄翔に敗れた一番について少し。

琴桜は、緊張もあったのかなあ、立ち合い、
高かったですねえ。

棒立ち。

これでは、実力者の大栄翔に付け込まれる。

バタバタした挙げ句、押し出されてしまった。

でもねえ、「琴桜」に四股名が変わって、
期するところもあるはずですから、今場所の
琴桜には期待していいと思います。

せっかくですから、応援している貴景勝が
新鋭の平戸海に敗れた一番についても一言。

貴景勝、足が全く出ていません。

というか、明日から休んで、来場所の勝ち越し
に備えた方が得策かと思いますよ。

今日はこの辺で・・・。



*この一冊、初めて見ました。出ていたんです
ねえ。↓



posted by あらやまはじめ at 21:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村